アナウンサーブログ

2013年7月

2013.07.21(日) 07:44

王者敗れる

おはようございます(^^)

夏の高校野球和歌山大会、昨日の大会8日目は、智辯和歌山が敗れるという波乱がありましたね。

9年間も夏に負けていない絶対的王者の敗北が近づくにつれ、球場内は言葉に表せないような異様な雰囲気が広がっていきました。

lnjdfjfdf.jpg

9回裏、智辯和歌山のバッターの打球が、紀北工の中井投手に足に当たりました。これで二死満塁。ベンチ裏に下がり、治療を受ける中井投手。その後、マウンドに戻り、屈伸運動。

sdljnfjfdf.jpg

その間、1塁側のベンチ。下級生の頃からここ一番の勝負強さを発揮してきた1番阪本選手に打順が回り、髙嶋監督から指示が送られます。

ejksjdd.jpg

そして・・

dskjdfdfdf.jpg

紀北工、勝利の瞬間です!!

esdkfdfd.jpg

vkjdfkjf.jpg

大倉選手らが泣き崩れます。

krsjdfsfd.jpg

試合後、智辯和歌山の阪本選手、吉川投手、キャプテンの天野選手が記者からの取材を受けます。

阪本選手は「はじめから(高嶋)先生に『フライ打ったらこうなるから』と言われていたのに。結局、この試合で何ひとつできなかった...」

吉川投手は「調子は悪くなかった。(ビハインドでの2番手登板だったが)落ち着いて投げようと、それだけを考えて。夏を見据えてやってきたが。。。今まで何やってきたんだろう、という思いです。去年投げてみて、甲子園は・・また投げたい、何度でもここで投げたい、というような場所でした。」

天野選手は「今は......(沈黙後)、自分たちの甘さが出てしまった。野球以外の面でも。それが(負けに)つながったんじゃないでしょうか。序盤に『追い付くぞ』と言っていたが。後半焦ることになってしまった。」

ejkfdjkfj.jpg

エラーした選手をすぐに代え、捕手も交代。悪い流れを断ち切ろうと、エースも緊急登板させましたが、最後まで変わりませんでした。

汗をぬぐう智辯和歌山・高嶋監督。「やっぱり打てなかったってことですかね。あんなにポカポカ打って、(相手は)エラーもしてくれないし。打球にツキもなかった。9連覇への重圧?ないとは言えんやろけど、『そんなバッティングしてたらすぐに9回来るぞ』『いけるいけるって思ってたら9回来るぞ』と話してたんですが。勝負事ってそんなに甘くないですよ。先発の原は悪くなかったですけど、サードのエラーでリズム壊して。抑えにいこうとしたところで、次の回、バチッといかれた。だいたい1-0か2-1なんですよ。負ける時は。嫌な予感が当たってしまった。相手のピッチャーのボール球に手を出してしまい、あの子の術中にはまってしまった。あれがね、2、3点ウチが勝ち越していたら、前に飛ぶんです。後手に回ると'力み'に変わっちゃうんですよ。それと、うちは左バッターが多いんでね。右ピッチャーの場合は何とかするんだが...スタメンから天野を外した?それは実力ですよ。ベストを尽くそうと、ベストメンバーを組んだだけ。負ける時はこんなもんですよ。連覇が途切れたことに対しては、僕は何とも思っていない。選手がすることだから。ただ、今の3年生と一緒に甲子園へ行けなかったことは残念です。これを下級生がどう感じ取るか。」

最後に、「このままでは終われんでしょう。」

jkdssdfndsf.jpg

勝利の立役者、紀北工の中井投手。球場の外でも4人の記者から取材を受けます。

「(谷本)先生から『打たれてもいいから、フォアボールは出すな』と言われて。相手は智辯。開き直って自分の投球ができた。リードは全部、キャッチャーに任せていました。初戦のこともあって、今日は丁寧にコントロール重視で投げましたね。自信は正直なかったけど、アドレナリンみたいなのが出て...」

紀北工・谷本監督は「感動です。嬉しくて・・今は、本当なのかな、という気持ちですね。選手たちは本当に粘り強くやってくれました。今日は『勝ち負けよりもいいゲームをしよう』と言ってきた。終盤まで耐えてくれました。中井に打球が当たった際も、『精一杯楽しんで投げてこい』と送り出しました。これで力尽きないように^_^;」

これで、和歌山大会の行方は混沌としてきました。現在勝ち残っているチームは全て、夏の甲子園の出場経験が遠ざかっているか、あるいはないか、という状況です。ますます目が離せなくなってきました。     nacker

write:

2013.07.20(土) 22:09

紀州レンジャーズの選手と再会

久々の再会です(^^)/
ashcjksdd.jpg

紀州レンジャーズの選手たち\(^o^)/

前期リーグ戦が終わり、今日は自分たちのホームグラウンドでもある紀三井寺公園野球場で、高校野球を観戦していました。

今季、チームのキャプテンを務めるのが内之倉敦士外野手〈写真左から3人目〉。

去年までお届けしていた「@あっと!テレわかNEWSスタイル」内のコーナー『がんばれ紀州レンジャーズ』に、何度かご出演いただいたこともあります。

bsdkdsd.jpg

ちょうど持っていたスポーツタオルを広げてもらいました(^.^)

内之倉選手は奈良の智辯学園高校出身。現在は外野手ですが、高校当時はエースとして3年夏に甲子園出場。智辯和歌山高校を初戦で破った佐藤由規(現ヤクルト)擁する・仙台育英高校に投げ勝った実績があります。

出身高校の兄弟校である智辯和歌山の試合を観に来たそうです。

「(高校時代を)思い出しますねぇ。今投げてる智辯和歌山のピッチャー、自分の投げ方とそっくり(笑)」

レンジャーズは、長年チームを引っ張ってきた多くの選手が昨シーズン限りでチームを去った一方で、今季、新しい選手がたくさん入りました。

「前期は正直、新しいメンバーとは噛み合わず、うまくいかないことのほうが多かった。時間が経つにつれてお互いのことがわかってきて、チーム内でもいい競争ができるようになってきた。」

内之倉選手自身、野球雑誌に注目選手として掲載されたりと、レンジャーズの顔として奮闘しています。

ぜひ、後期リーグ戦は優勝を目指して頑張ってもらいたいと思います!!      nacker

write:

2013.07.20(土) 20:42

中継担当全チーム制覇

こんばんは(^.^)

39チームが出場している夏の高校野球和歌山大会も今日から3回戦に入りましたね。

さっそく、興味深いデータを。昨夏、今夏と、2年連続で和歌山大会の初戦を突破したチームってどれくらいあるかわかりますか?答えは...僅か11チームなんです。

和歌山は全体的なレベルが高いうえに参加数が少ないので、初戦から好カードが実現!というケースも多く、1勝するのが容易ではないのです。

akskjsdds.jpg

ところで、私は大会期間中、高校野球中継の実況を担当している他、夜にお送りしている「めざせ甲子園 高校野球ハイライト+ニュース」の番組進行や試合のナレーションも担当しています。

bkcdsdsd.jpg

同僚も大忙し。山田先輩は、試合の原稿を書いたり、編集したり、ナレーション入れたり、FD(フロア・ディレクター)を担当したり、自ら出演したりと、凄いです(^v^)

jscdjjsdds.jpg

かわいい後輩の瀬村も、ナレーションやFD、諸雑用を頑張っています。

skjdsd.jpg

ところで、今日の第2試合「海南-和歌山東」を担当したことで、私、ひとつ誇れることを達成しました。。。

実況8年目にして、参加全チームの実況を制覇したのです!これまで、新翔と和歌山東に縁がなかったのですが、大会6日目に新翔を、そして本日、実況通算55試合目で和歌山東を担当できました(*^。^*)全チ-ムの中には、海南との学校統合で名前がなくなった大成や、昨春休校した国際開洋第二も含まれています。取材に応じて下さった、その時その時のチームスタッフや選手、学校関係者の皆さんに感謝したいです。

xfddfkdfdf.jpg

なお、試合は和歌山東が勝利。軟式から転部して4年目、初の8強入りを果たしました。

skjdsdfdf.jpg

djskjdf.jpg

敗れた海南。8人の3年生は高校生活最後の公式戦となりました。

ksdjnffd.jpg

応援団から試合後のエールを受け、泣き崩れる原谷キャプテン。12日の開会式では、「感謝」の気持ちを盛り込んだ選手宣誓の大役も果たしました。第95回記念和歌山大会の幕開けを飾ったあのシーン、忘れることはないでしょう。ありがとう・・      nacker

write:

2013.07.18(木) 17:48

めざせ甲子園!

こんにちわ~。みなさま、連日の高校野球中継でお楽しみいただいていますでしょうか?

 

例年この時期は、スタッフ総動員で高校野球に携わっていて、私も毎日夜、放送しているダイジェスト番組「めざせ甲子園 高校野球ハイライト+ニュース」のスタッフ&出演で連日高校野球漬けとなっています。

通常2時間半ほどある試合を3-4分にまとめる作業もしているんですが、これが、結構難しい!!入れたいシーンも時には削らねばならない葛藤に毎日さいなまれています。

 

さ、そして、今日は特別に「めざせ甲子園」のスタジオの様子を・・・

めざせ甲子園

と、まぁ、特別ってほどでもないのですが、バックは真っ青な板だけ、しかし、実際の画面では、さわやかな青空・・・と、つまり合成画面で成り立っております。

 

昼間の野球中継、仕事で見られなかったよ・・・という方は、ぜひ、夜の「めざせ甲子園」で和歌山の高校野球をお楽しみくださいませ~。

月曜から土曜は夜10時~、日曜は、夜10時半~ 高校野球和歌山大会開催期間中、放送しています。

2013.07.08(月) 12:37

映画試写会のMC

IMG_2149.jpg
昨日は、子ども向け映画試写会のMCでした。

報道部内で台本を下読みしていると、反応する人が多く、
「子ども向けやからと思て、なめたらあかんで!泣けるんや!」
「アニメ映画が終わった後、場内がしばらく暗いままなんは、大人の涙を隠すためなんやで!」などという声も...。

『まさか~っ!』と思いながら、真相を確かめるべく、映画館の方に質問!
すると、「エンドロールはそのためにあります」という答えが返ってきました。

『でも、それって、アニメに限らずってことかしら...?
エンドロールの後もしばらく暗いままだったら、台本の字だって読めないわ...』などとしぶとく考えてしまいましたが、そこは試写会。

エンドロールの後はすぐに明るくなって、お知らせすべきことも、きっちり伝えることができました。

この映画で「大人の涙」を流された方は、エンドではなく、途中で流されたのかも...。
子ども向けだからといって、なめてはいけません。子連れの親も楽しめるのが子ども向け映画なのです!

 

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る