アナウンサーブログ

2013.07.08(月) 12:37

映画試写会のMC

IMG_2149.jpg
昨日は、子ども向け映画試写会のMCでした。

報道部内で台本を下読みしていると、反応する人が多く、
「子ども向けやからと思て、なめたらあかんで!泣けるんや!」
「アニメ映画が終わった後、場内がしばらく暗いままなんは、大人の涙を隠すためなんやで!」などという声も...。

『まさか~っ!』と思いながら、真相を確かめるべく、映画館の方に質問!
すると、「エンドロールはそのためにあります」という答えが返ってきました。

『でも、それって、アニメに限らずってことかしら...?
エンドロールの後もしばらく暗いままだったら、台本の字だって読めないわ...』などとしぶとく考えてしまいましたが、そこは試写会。

エンドロールの後はすぐに明るくなって、お知らせすべきことも、きっちり伝えることができました。

この映画で「大人の涙」を流された方は、エンドではなく、途中で流されたのかも...。
子ども向けだからといって、なめてはいけません。子連れの親も楽しめるのが子ども向け映画なのです!

 

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る