アナウンサーブログ

2014.01.10(金) 10:20

殺気の裏側

sato10.JPG和歌山市の和歌の浦アート・キューブで今月19日まで開催している長渕剛さんの詩画点「殺気」。
ホームページでも紹介しているように、テレビ和歌山の40周年を記念したイベントです。(写真はテレビ和歌山の玄関です)

雨の降る2日目、スタッフとして行って来ました。私が担当したのは、最新作のあるフロアでのスタンプ係です。
あたかも、美術館等の職員さんにでもなったかのようにすまして座っていると、前方に展示された作品、「eyes」に描かれている人物の目玉がこちらを見ているような気がしてそわそわしてしまいました。

赤・黒・白・金を基調とした詩画は、生き生きとして力強く、躍動感にあふれ、特に大作の前では圧倒されます。「殺気」というタイトル(「殺気」は作品名でもあります)に、なるほどと思うのですが、観覧するお客さんの声を聞いていると、「殺気」に隠された長渕さんのやさしさが見えてきます。

多くのお客さんは、必ず、ある作品の前で笑い、また、別の作品の前では「かわいい!」と声を上げるのです。そして、最新作の前では、それが、つい先日のものであることに喜び、見入ってから帰るのです。

絵や言葉が人を勇気づけ、元気づけるというのは本当なんだ・・・。
お客さんは作品を通して長渕さんを見ているんだということを強く感じました。
長渕さんとお客さんとの作品を通したつながりこそ、私に元気をくれた一日でした。

スタンプ係は、また担当させていただくかもしれません。あまり経験できないことなので、想像できないかもしれませんが、スタッフも皆さんから元気をもらっているのです。皆さんのお越しをお待ちしています。

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る