アナウンサーブログ

2014.02.12(水) 18:36

里山の自然

生物多様性の特集として、後半の取材に行って来ました。

 

今回は、海南市孟子という地区の里山です。

 

氷が張った水田の中に、絶滅危惧種のニホンアカガエルの卵が産み付けられていました。というよりは、ふわふわと沈んでいたように見えました。
泥が付着しているのか、「汚いイクラ」のように見えましたが、ガラス瓶に入れてみると、透き通っていてきれいです。寒いところでしか生きられないので、「氷河期の生き残り」と言われているそうですが、卵は凍ると死んでしまうそうです。

 

もう1つ、カエルの卵のようなものが手に載った写真がありますが、これはカスミサンショウウオの卵です。もちろん、こちらも絶滅危惧種です。

 

カエルの卵と区別がつかない方が多いかと思いますが、コイル状に巻いているのが特徴です。後から、編集機でアップの映像を見てみると、黒っぽい胚の形がカエルのものとは全然似ていませんでした。

 

とても楽しい取材でした。お世話になった皆さん、ありがとうございました。ブログには、これ以上、詳しいことを書けないのが残念です。ここで何を取材したのか、それは2月25日(火)午後6時からのあっと!テレわかをご覧ください。

sato12.JPG

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る