アナウンサーブログ

2014.03.11(火) 17:52

古墳時代のクスノキ公開へ

sato13.JPGのサムネイル画像

こんにちは!
先週末、県立紀伊風土記の丘に行ってきました。

 

平成23年の紀伊半島大水害の際、紀の川から引き上げられたクスノキの巨木が紀伊風土記の丘に運ばれ、3月16日(日)の午後から一般公開されます。西暦700年頃まで生育していたとされる木です。

 

番組用に、特別にブルーシートを取ってもらい、撮影させていただきました。

まだ、作業中ということで、立入禁止の札が・・・。

 

ぜひ、実際に足を運ばれ、クスノキの壮大な様をご覧ください。

私自身は、引き上げられたばかりのクスノキの映像を編集していたので、取材前から、どんな姿なのかを知っていたのですが、実際に見てみるまで、その大きさは想像できなかった為、とても驚きました。このHPの写真からも(自分で撮影したものではありますが)壮大さは全く伝わってきません・・・。

 

私にとって、クスノキといえば、実家の近所にある神社の巨木です。

小学生の頃、根元にあるうろをくぐり抜けて遊んだことを思い出します。

 

でも、ある時、うろの中で猫が死んでいて、皆はうろに入るのをピタリとやめてしまいました。それから長い年月が経っていますから、そのことを知っている子どもは、ほとんどいないでしょう。

あのクスノキのうろは再び、子どもの遊び場になっているのでしょうか・・・?

 

古墳時代、紀の川のクスノキの根元でも、子どもが遊んでいたのでしょうか・・・。

 

クスノキの巨木については、3月13日(木)午後6時からの「あっと!テレわか ニューススタイル」の特集で放送します。クスノキになりきってナレーションも入れています。ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る