アナウンサーブログ

2014年9月

2014.09.26(金) 22:24

秋季県一次予選が終わり・・

こんばんは(^O^)

                                                        

秋季近畿地区高校野球大会県一次予選が、今月12日から23日にかけて行われました。

新人戦の上位4校を除く35校が出場。4つのゾーンに分かれて、県二次予選進出をかけた熱戦が繰り広げられました。新人戦とは違い、敗れればセンバツ出場への道が閉ざされ、長い冬が訪れる・・そんな秋の大会です。

                                                                                   

jewfdfd.jpg

                                                                   

こちらのゾーンは、田辺市龍神村の田辺市グリーングラウンドが主な会場。

力のある下級生が多い箕島、新人戦8強の日高、田辺地区では前評判の高い熊野、今夏4強入りした紀央館、1年生が多く元気な神島などが入りました。

                                                                        

jnrfefdfddf.jpg

                                                                      

勝ち上がりの中で注目された3回戦「箕島-日高」は、5点をリードされた箕島が6回表にビッグイニングを作って逆転し、10-5で勝利。「紀央館-神島」も2-2の同点から、神島が5回裏に一挙10点を入れてコールド勝ち。

                                                         

ejwffdf.jpg

rifjeddf.jpg

                                                                 

ゾ-ン代表決定戦「箕島-神島」は、1回表に神島が4番渋谷主将のタイムリーなどで4点を先制しますが、箕島も4番井上選手のタイムリーや相手失策などで着実に点を返し、5-4と逆転。その後、神島が2点取って勝ち越しますが、また箕島が7番田中(脩)選手の長打で再逆転。7-6で箕島が競り合いを制し、2年ぶり36回目の県二次予選進出を決めました。

                                                                      

jfedvddvd.jpg

                                                                 

こちらのゾーンは、上富田町の上富田スポーツセンター野球場が主な会場。

新人戦1回戦で和歌山東と互角の延長を展開した紀北工、北畑投手が投打の軸の海南、登板経験豊富な駿河投手擁する星林、不祥事からの再出発をはかる高野山などが入りました。

                                                                       

jioewkkdfdf.jpg

                                                          

21日に行われた3回戦の「紀北工-南部」は延長15回、5-5で決着つかず。翌22日に再試合があり、紀北工が4-1で勝利しましたが、休養なく23日にはゾーン代表決定戦とハードな日程となりました。

                                                                          

nfweldf.jpg

uewfvfdf.jpg

                                                                       

代表決定戦「紀北工-高野山」は、6回まで両チーム1安打ずつの投手戦に。

ちなみに、投げ合った紀北工・瀬岡投手、高野山・南中道投手は中学時代、1学年違いで同じ硬式野球チームに所属していました。

                                                                   

fewkjeddf.jpg

                                               

均衡を破ったのは7回裏。高野山が8番寄光主将、2番高田副主将のタイムリー。チームを引っ張る2選手が得点を叩き出し、1年生投手を援護。2-0で勝利し、3年連続7回目の県二次予選進出です。

試合後、川西監督は「(不祥事のため)練習試合なく、ぶっつけ本番で大会に入りました。3年生が抜けて、凄い選手もいないし、その分、選手たちは一戦一戦、集中力を持ち、気を緩めることなく戦えたと思います」と述べました。

中学時代の先輩に投げ勝った南中道投手は「(瀬岡さんは)意識しました。3回戦の海南戦で完投して、自信がつきました。二次予選では、2ストライクで追い込んでから欲を出さず、力まず投げたいです」と意気込んでいました。                                                                                        

jkefwdvd.jpg

                                                               

こちらのゾーンは、和歌山市の紀三井寺公園野球場が会場。

大型左腕・小川投手が大黒柱の南部龍神、夏4強のメンバーが多く残る和歌山商、投打の軸がしっかりしている田辺、総合力の高い近大新宮などが入りました。

                                                          

hefjddfdf.jpg

                                                               

注目カードの2回戦「和歌山商-田辺」は、エース土井投手の好投で、田辺が和歌山商を3-1で下しました。また、(5歳違いの)耐久OBの監督同士が采配を揮った2回戦「有田中央-粉河」、(1歳違いの)田辺OBの監督対決となった3回戦「南部龍神-田辺」も、個人的には気になるカードでした。

                                                                     

nvedfd.jpg

                                                               

代表決定戦「南部龍神-近大新宮」は、春先の疲労骨折を乗り越えてエースに復帰した近大新宮・松原投手が快投。南部龍神打線を2安打に抑え、2-0で勝利。2年連続5回目の県二次予選進出を決めました。

                                                                      

bkkkkkk.jpg

                                                                         

近大新宮は新人戦から、近大高専(三重)で今春まで監督を務めていた高原広秀氏が、指揮を執っています。1回戦でお会いした際は「まだまだ相手にあわせた野球をしている」と課題を口にしていましたが、この日は「(松原は)でき過ぎじゃないですか。ゲームの入り方、イニングの入り方、すべてクリアしてくれた」と称えていました。
勇退後も引き続き新体制をサポートしている吉田前監督、試合後は笑顔で「公式戦で初めてあんないいピッチング見たよ」と教え子の活躍に目を細めていました。二次予選が大変楽しみですね。

                                                                  

njfevddd.jpg

                                                                    

こちらのゾーンも、紀三井寺公園野球場が会場です。

今の1年生が最後のメンバーとなる伊都、夏の甲子園経験者が多く残る市和歌山、新人戦4試合で計40得点の笠田、緩急操る左腕・友部投手が主戦の那賀、走攻守のレベルが高い日高中津などが入りました。

                                                                   

zzzxddkds.jpg

                                                                          

注目された2回戦「笠田-那賀」は、意外にも那賀の一方的な展開となりました。3回戦「田辺工-市和歌山」では、市和歌山の栗栖投手が7回二死までノーヒットピッチング。最後にヒットを許したものの、7回コールド、9-0で勝利しました。

                                                                

wejondsds.jpg

                                                                   

代表決定戦「市和歌山-日高中津」は終盤、劇的なシーンが幾つも待っていました。

9回表、1-4とリードされた日高中津は、幸運なイレギュラー安打などもあって1点を返し、なおも一死1、3塁で、5番北村選手が値千金の逆転3ラン!

                                                            

jfkdfffd.jpg

                                                          

スタンドが沸きました。

                                                                

ovndfdfdf.jpg

                                                   

しかし、夏春連続の甲子園を狙う市和歌山が意地を見せ、二死3塁から、今夏の選手権でも勝負強かった5番阿部選手が、起死回生の同点打。

                                                                                

jwfeddf.jpg

                                           

白熱した好ゲームとなり、延長戦へ。決勝点は10回表の日高中津。2番西出主将の当たりはセカンド左への強い当たり。はじいて内野安打となった間に2塁走者がかえって勝ち越し。さらに3番仲選手の3ベースも飛び出し、7-5と激闘を制しました。

日高中津は、2年生左腕エースを夏の選手権前から故障で欠いている状況ですが、複数いる投手陣が十分カバーして、2年ぶり9回目の県二次予選進出です。

                                                       

                                                        

さあ、近畿大会出場をかけた秋季県二次予選が、明日から始まります。また当Blogにおいて、球場で取材したことを掲載します。      nacker

write:

2014.09.26(金) 16:13

食欲の秋(^○^)



食欲の秋。


年中食欲旺盛の瀬村ですが、
休日に友人と初めてのフルーツ狩りに行ってきました♪



20140926161357.jpg



取れたものは、、、



20140926161426.jpg



ブドウ!!
一粒一粒が大きくぷりぷり、甘みもぎゅっと凝縮されていて
一房ぺろりと食べてしまいました。本当美味しかった~♪





そして仕事では、
先日街ネタ和歌山のロケで
岩出市にあるケーキ屋さん、
パティスリーアンブローシアさんへ。



20140926161503.jpg



チーズケーキにタルトに
チョコケーキにシュークリームに、、、、、
と美味しそうなケーキがたくさんある中、
今回はこの季節オススメのケーキを
紹介していただきました!!!!



20140926161536.jpg



ケーキを見つめる私。




20140926161606.jpg




待ち遠しかった試食の瞬間。
し、しあわせでした。。。。。。




アンブローシアさんの美味しいケーキは、
本日26日(金)5チャンDO!後の
午後6時55分からの放送で
お伝えします)^o^()^o^(
お得な情報もありますので、ぜひご覧ください☆




そして、その後午後7時からは
ワンカツもご覧くださいね(*^。^*)






あ~秋って、
どうしてこんなにおいしい物が多いのでしょうかね~!







瀬村 奈月



write:

2014.09.19(金) 12:24

今日のワンカツは\(◎o◎)/!


こんにちは~!
気が付けば9月。秋ですね~



さて本日、
スーパーエバグリーン福島店がオープンしました☆



20140919122654.jpg



私も
エバンちゃんグリンくんのロゴが入った
エバグリーンTシャツを着てさっそく取材に行ってきました!



20140919122728.jpg

20140919122758.jpg


今日夜7時から放送のワンカツで、
週末のお得な情報なども詳しくお伝えしますよ~(^○^)





そして!!!
今日放送のいいねセレクションでは、
主婦の皆さん必見、「洗濯洗剤」についてご紹介します!!



__.jpg


番組をご覧の皆さんには
とってもとっても嬉しいプレゼントが!?!?




今日のワンカツも色んな情報盛りだくさんです!お楽しみに~☆





瀬村奈月

write:

2014.09.15(月) 11:10

由良町でMC!

1406sato.JPG

皆さん、こんにちは。三連休、いかがお過ごしですか?

この週末、私は婚活イベントのMCで、由良町のボートカフェに行って来ました。
参加者の方と一緒にバスに乗って、山道をカフェへと向かう途中、突然、景色がぽっかりと開けたと思ったら、青い空と空よりもっと濃い青色の海が見え、感動しました。


今回の相方は和歌山を中心に活躍中の芸人、
のりちゃんこと、池田のりひこさん。
初めて一緒に仕事をさせていただきました。

バスを降り、のりちゃんと一緒に気持ちよくカフェへと続く道を歩いていると、急に強い風が吹き、飛んできたビニール袋がのりちゃんの顔にかぶさってしまったのです!そのまま何歩か歩くのりちゃん...。
「えーっ!嘘っ!」のりちゃんといると、普段は使わないこの言葉が何度も出ました。
「これも何かの縁です」と言いながら、のりちゃんはそのままビニール袋を鞄にしまいました。


風は、たまにスタッフを困らせます。
のりちゃんの一件で、以前、野外イベントでひげを生やした出演者と打ち合わせをしている最中に強い風が吹き、その方から抜けたひげが飛んできて私の口紅に張り付いたことを思い出してしまいました。
あの時、私は即座にひげを取ったよな~。


そして、イベント開始!カフェの名物であるパンケーキを参加者自身がトッピングし、食べながらおしゃべりをするというものでしたが、男性の作ったケーキをのぞいてみると...。

こんもりという感じではなく、何だか平たい感じがしました。
スプレー缶に入った生クリームを上手に搾り出すことができず、ケーキの上に白いクリームが「のの字」を描くようにぺちょんとのっていました。


仕事ではなく、プライベートでもう一度行ってみたいカフェです。
婚活イベントのMCは今後も何度か担当させていただく予定です。
たくさんのカップルが誕生するよう、頑張ります。

write:

2014.09.12(金) 19:20

新人戦を振り返って〈2〉

こんにちは(^O^)

                                                                                                               

県下高校野球新人戦を2回にわたって振り返ります。2回目の今回は、準決勝と決勝です。上位4校は、この後の秋季近畿地区高校野球大会県一次予選の参加が免除され、県二次予選進出が決まっています。

                                                                                      

ioefvdffd.jpg

                                                                          

9月6日(土)、上富田スポーツセンター野球場。

                                                                            

ijoofvvfdfd.jpg

forefvvkddfd.jpg

                                                                                   

準決勝第1試合は「初芝橋本-桐蔭」。両チームは少し前に練習試合を行っていて、その際は初芝橋本の黒瀬選手が2試合で計4HR。さらに、前チーム時にも2HRを放ったそうで、桐蔭バッテリーが相手主砲をどう抑えるか注目されました。

                                                                                           

ojferfjnfvdfdf.jpg

                                                                            

試合は、桐蔭が先制のチャンスを逸した直後の3回表、初芝橋本が2番木村選手の右犠飛と相手失策で2点を先制。

                                                                                  

huirejfdfd.jpg

                                                                                

6回表には、木村選手が今度はライト前へ2点タイムリー。その他、この日は1番和田選手が5打数4安打と活躍しました。

                                                                                  

jkjkdccf.jpg

                                                                                     

投げては、棟羽投手と和田投手の完封リレーで5-0と勝利。14年ぶり5回目の決勝進出を決めました。

桐蔭の伊澤投手は、初橋の黒瀬選手を5打数無安打に抑えたものの、要所で踏ん張り切れず・・・しかし、準決勝までの全4試合を投げ抜いた力投ぶりは、印象に残りました!

                                                                                 

orjfejvffd.jpg

                                                                                  

続く第2試合は「和歌山東-智辯和歌山」。両校は2010年夏の初対戦から、公式戦ではこれまで智辯和歌山が通算4戦4勝です。

                                                                                    

uwejfdfd.jpg

                                                                               

1回裏、智辯和歌山先発金岡投手から、和歌山東は四球後、エンドランを成功させ、無死1、2塁から3番出島選手が先制タイムリー二塁打。さらに、7番畑山選手の適時打でもう1点。2-0とします。

                                                                              

ioeirjff.jpg

oewfjdffd.jpg

                                                                                

和歌山東の津森投手に4回まで2安打に抑えられていた智辯和歌山でしたが、5回表、2番髙垣選手、3番野口選手の連続タイムリーで同点に追い付きます。

                                                                                        

efrjffddd.jpg

                                                                                    

次の1点がどちらに入るか注目されましたが、6回裏、二死2塁から、和歌山東が9番津森選手のレフトフェンス直撃打。

これが決勝点となりました。

                                                                                

ewjdddd.jpg

                                                                      

3-2で和歌山東が勝利。公式戦を通じて初の決勝進出を果たしました。智辯和歌山に初勝利をおさめ、学校関係者の皆さんは大変喜んでおられましたよ。
                                                                                   

和歌山東の山本主将は「津森のインコースの真っ直ぐを引き出そうとリードしました。智辯とは夏休み中の練習試合で1-5と敗れて、その時は力の差を感じたけど、やることはやってきて、自信を持って野球をしました。」と答えてくれました。

                                                                             

kfebkjfddfdf.jpg

efwjodjdf.jpg

                                                                                         

翌9月7日(日)、「初芝橋本-和歌山東」の決勝。

初橋・和田投手、和東・出島投手が持ち味を発揮し、0-0の緊迫した展開が続きます。そして、迎えた9回表。

                                                                                   

ugvkhjhh.jpg

                                                                               

先頭の3番扇谷選手がこの日4本目のヒットで塁に出ると・・

無死2塁から、初芝橋本の主将で4番の黒瀬選手が、レフト一直線の弾丸ライナーHR!

                                                                      

jfevfdfdfd.jpg

jkfefddvd.jpg

                                                                                     

今大会、2回戦の慶風戦、3回戦の市和歌山戦に続く一発。公式戦では、去年の新人戦と秋季大会でも1本ずつ放っていますので、通算5本目です。

黒瀬選手は「(打ったのは)ストレート。とにかくいいポイントで、と考えていました。打つほうでチームに迷惑をかけてきたので、最後の打席で結果を出せて良かったです。」

                                                                                    

勢いは止まらず、7番金沢選手にもタイムリーが出て3-0。

                                                                               

efnjdddd.jpg

                                                                                

投げては、和田投手が7安打完封。今夏の選手権和歌山大会1回戦でコールド負けを喫した相手・和歌山東にリベンジし、初芝橋本が見事、14年ぶり3回目の優勝を果たしました!

                                                                                    

ujwefdd.jpg

077a.jpg

073a.jpg

                                                                                 

初芝橋本・芝野監督は優勝の余韻に浸りながら「練習試合では大味なゲームが多かったが、本来はしっかり守って、守備からリズムを作るチームを目指しています。元々力があるわけではなく、1つずつ勝つことで力を付け、勝ちあがっていくにつれて別人になっていったように見えました。カラーが似ている和歌山東さんと決勝で試合ができたことも、うちにとっては良かったし、今日が一番かみ合ってプレーできたと思います。」      nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る