アナウンサーブログ

2014年9月

2014.09.11(木) 11:18

新人戦を振り返って〈1〉

こんにちは(^O^)

新チームによる県下高校野球新人戦は、当初の日程どおり進んで、9月7日(日)に閉幕しました。初芝橋本が14年ぶり3回目の優勝。当時のチームは、後に夏の甲子園出場を果たしましたよね。

                                                                                             

その新人戦を2回にわたって振り返ります。1回目は、秋季県二次予選進出の権利がかかった準々決勝について。4試合とも白熱した戦いとなりました。

                                                                                    

ejwfkddfd.jpg

                                                                                

第1試合は「日高中津-初芝橋本」。前半は互いにチャンスを作り合い、日高中津がそれを生かし先制する展開。だがその後、追加点の好機を連続して生かせなかった日高中津に対し、凌いだ初橋が1点ずつ返して中盤に勝ち越し。後半はエース和田投手が本来のテンポの良い投球を見せ、3-2で勝利。本格派右腕・岡本投手を擁した2008年以来の4強入りを決めました。

                                                                                    

hvghhj.jpg

                                                                                       

初芝橋本のバッテリー(を含め主力数人)は中学時代、プロ野球・川端慎吾選手(ヤクルト)のお父様が監督を務める硬式チームに所属していたこともあり、息がぴったり。キャッチャーの黒瀬選手は学校寮(鶴翼寮)での生活。でも、エースの和田投手は貝塚市の自宅から1時間半以上かけて電車通学しています。大変なはずなのに、本人は「苦労しているとは思っていません。」とコメント。感心しました。

                                                                                      

hfejjfdfvdd.jpg

                                                                                        

第2試合「桐蔭-笠田」はシーソーゲームでした。3回戦までの3試合全てで2ケタ得点と波に乗る笠田が、土壇場でしぶとく同点に追い付いて延長戦に。決着がついたのは10回裏。桐蔭、先頭の9番梅本選手が、自身この試合3本目のヒットで出塁。上位に巡り、最後は3番上山選手のライトへの犠牲フライで5-4とサヨナラ。3年ぶりの4強進出を果たしました。

                                                                                 

jnewldfd.jpg

                                                                                      

粘りの投球が光った桐蔭の主戦・伊澤投手は試合後、「低め低めに集め、打たせて取ることを心がけています。チームは夏敗れた後、'近畿で1勝を'という目標を掲げて取り組んでいます。」と話してくれました。

                                                                             

hjekdjdffd.jpg

ferkhfddfdf.jpg

                                                                                                                                          

第3試合「日高-和歌山東」ももつれました。特に序盤と終盤は目まぐるしい展開。6人の継投勝負となった日高に対し、和東は延長10回表、主将で4番の山本選手が勝ち越し2ランHR。8-6で接戦を制し、新人戦初の4強進出を決めました。

山本主将は「9回裏に自分の送球ミスで追い付かれたので、つなごうという意識で打席に立った結果です。」と振り返っていました。

                                                                                                                                                

guhhkj.jpg

                                                                                  

第4試合は「田辺-智辯和歌山」。春季大会決勝でも対戦している両校。田辺の先発・土井投手は春同様に好投を見せたものの、エラーが相次いで失点につながってしまいました。智辯先発の齋藤投手は終盤につかまったものの、5-2で逃げ切り、14年連続の4強入り。主力選手が万全でなかったり、離脱している中で、今年も勝ち上がってきました。      nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る