アナウンサーブログ

2014.09.12(金) 19:20

新人戦を振り返って〈2〉

こんにちは(^O^)

                                                                                                               

県下高校野球新人戦を2回にわたって振り返ります。2回目の今回は、準決勝と決勝です。上位4校は、この後の秋季近畿地区高校野球大会県一次予選の参加が免除され、県二次予選進出が決まっています。

                                                                                      

ioefvdffd.jpg

                                                                          

9月6日(土)、上富田スポーツセンター野球場。

                                                                            

ijoofvvfdfd.jpg

forefvvkddfd.jpg

                                                                                   

準決勝第1試合は「初芝橋本-桐蔭」。両チームは少し前に練習試合を行っていて、その際は初芝橋本の黒瀬選手が2試合で計4HR。さらに、前チーム時にも2HRを放ったそうで、桐蔭バッテリーが相手主砲をどう抑えるか注目されました。

                                                                                           

ojferfjnfvdfdf.jpg

                                                                            

試合は、桐蔭が先制のチャンスを逸した直後の3回表、初芝橋本が2番木村選手の右犠飛と相手失策で2点を先制。

                                                                                  

huirejfdfd.jpg

                                                                                

6回表には、木村選手が今度はライト前へ2点タイムリー。その他、この日は1番和田選手が5打数4安打と活躍しました。

                                                                                  

jkjkdccf.jpg

                                                                                     

投げては、棟羽投手と和田投手の完封リレーで5-0と勝利。14年ぶり5回目の決勝進出を決めました。

桐蔭の伊澤投手は、初橋の黒瀬選手を5打数無安打に抑えたものの、要所で踏ん張り切れず・・・しかし、準決勝までの全4試合を投げ抜いた力投ぶりは、印象に残りました!

                                                                                 

orjfejvffd.jpg

                                                                                  

続く第2試合は「和歌山東-智辯和歌山」。両校は2010年夏の初対戦から、公式戦ではこれまで智辯和歌山が通算4戦4勝です。

                                                                                    

uwejfdfd.jpg

                                                                               

1回裏、智辯和歌山先発金岡投手から、和歌山東は四球後、エンドランを成功させ、無死1、2塁から3番出島選手が先制タイムリー二塁打。さらに、7番畑山選手の適時打でもう1点。2-0とします。

                                                                              

ioeirjff.jpg

oewfjdffd.jpg

                                                                                

和歌山東の津森投手に4回まで2安打に抑えられていた智辯和歌山でしたが、5回表、2番髙垣選手、3番野口選手の連続タイムリーで同点に追い付きます。

                                                                                        

efrjffddd.jpg

                                                                                    

次の1点がどちらに入るか注目されましたが、6回裏、二死2塁から、和歌山東が9番津森選手のレフトフェンス直撃打。

これが決勝点となりました。

                                                                                

ewjdddd.jpg

                                                                      

3-2で和歌山東が勝利。公式戦を通じて初の決勝進出を果たしました。智辯和歌山に初勝利をおさめ、学校関係者の皆さんは大変喜んでおられましたよ。
                                                                                   

和歌山東の山本主将は「津森のインコースの真っ直ぐを引き出そうとリードしました。智辯とは夏休み中の練習試合で1-5と敗れて、その時は力の差を感じたけど、やることはやってきて、自信を持って野球をしました。」と答えてくれました。

                                                                             

kfebkjfddfdf.jpg

efwjodjdf.jpg

                                                                                         

翌9月7日(日)、「初芝橋本-和歌山東」の決勝。

初橋・和田投手、和東・出島投手が持ち味を発揮し、0-0の緊迫した展開が続きます。そして、迎えた9回表。

                                                                                   

ugvkhjhh.jpg

                                                                               

先頭の3番扇谷選手がこの日4本目のヒットで塁に出ると・・

無死2塁から、初芝橋本の主将で4番の黒瀬選手が、レフト一直線の弾丸ライナーHR!

                                                                      

jfevfdfdfd.jpg

jkfefddvd.jpg

                                                                                     

今大会、2回戦の慶風戦、3回戦の市和歌山戦に続く一発。公式戦では、去年の新人戦と秋季大会でも1本ずつ放っていますので、通算5本目です。

黒瀬選手は「(打ったのは)ストレート。とにかくいいポイントで、と考えていました。打つほうでチームに迷惑をかけてきたので、最後の打席で結果を出せて良かったです。」

                                                                                    

勢いは止まらず、7番金沢選手にもタイムリーが出て3-0。

                                                                               

efnjdddd.jpg

                                                                                

投げては、和田投手が7安打完封。今夏の選手権和歌山大会1回戦でコールド負けを喫した相手・和歌山東にリベンジし、初芝橋本が見事、14年ぶり3回目の優勝を果たしました!

                                                                                    

ujwefdd.jpg

077a.jpg

073a.jpg

                                                                                 

初芝橋本・芝野監督は優勝の余韻に浸りながら「練習試合では大味なゲームが多かったが、本来はしっかり守って、守備からリズムを作るチームを目指しています。元々力があるわけではなく、1つずつ勝つことで力を付け、勝ちあがっていくにつれて別人になっていったように見えました。カラーが似ている和歌山東さんと決勝で試合ができたことも、うちにとっては良かったし、今日が一番かみ合ってプレーできたと思います。」      nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る