アナウンサーブログ

2014.09.26(金) 22:24

秋季県一次予選が終わり・・

こんばんは(^O^)

                                                        

秋季近畿地区高校野球大会県一次予選が、今月12日から23日にかけて行われました。

新人戦の上位4校を除く35校が出場。4つのゾーンに分かれて、県二次予選進出をかけた熱戦が繰り広げられました。新人戦とは違い、敗れればセンバツ出場への道が閉ざされ、長い冬が訪れる・・そんな秋の大会です。

                                                                                   

jewfdfd.jpg

                                                                   

こちらのゾーンは、田辺市龍神村の田辺市グリーングラウンドが主な会場。

力のある下級生が多い箕島、新人戦8強の日高、田辺地区では前評判の高い熊野、今夏4強入りした紀央館、1年生が多く元気な神島などが入りました。

                                                                        

jnrfefdfddf.jpg

                                                                      

勝ち上がりの中で注目された3回戦「箕島-日高」は、5点をリードされた箕島が6回表にビッグイニングを作って逆転し、10-5で勝利。「紀央館-神島」も2-2の同点から、神島が5回裏に一挙10点を入れてコールド勝ち。

                                                         

ejwffdf.jpg

rifjeddf.jpg

                                                                 

ゾ-ン代表決定戦「箕島-神島」は、1回表に神島が4番渋谷主将のタイムリーなどで4点を先制しますが、箕島も4番井上選手のタイムリーや相手失策などで着実に点を返し、5-4と逆転。その後、神島が2点取って勝ち越しますが、また箕島が7番田中(脩)選手の長打で再逆転。7-6で箕島が競り合いを制し、2年ぶり36回目の県二次予選進出を決めました。

                                                                      

jfedvddvd.jpg

                                                                 

こちらのゾーンは、上富田町の上富田スポーツセンター野球場が主な会場。

新人戦1回戦で和歌山東と互角の延長を展開した紀北工、北畑投手が投打の軸の海南、登板経験豊富な駿河投手擁する星林、不祥事からの再出発をはかる高野山などが入りました。

                                                                       

jioewkkdfdf.jpg

                                                          

21日に行われた3回戦の「紀北工-南部」は延長15回、5-5で決着つかず。翌22日に再試合があり、紀北工が4-1で勝利しましたが、休養なく23日にはゾーン代表決定戦とハードな日程となりました。

                                                                          

nfweldf.jpg

uewfvfdf.jpg

                                                                       

代表決定戦「紀北工-高野山」は、6回まで両チーム1安打ずつの投手戦に。

ちなみに、投げ合った紀北工・瀬岡投手、高野山・南中道投手は中学時代、1学年違いで同じ硬式野球チームに所属していました。

                                                                   

fewkjeddf.jpg

                                               

均衡を破ったのは7回裏。高野山が8番寄光主将、2番高田副主将のタイムリー。チームを引っ張る2選手が得点を叩き出し、1年生投手を援護。2-0で勝利し、3年連続7回目の県二次予選進出です。

試合後、川西監督は「(不祥事のため)練習試合なく、ぶっつけ本番で大会に入りました。3年生が抜けて、凄い選手もいないし、その分、選手たちは一戦一戦、集中力を持ち、気を緩めることなく戦えたと思います」と述べました。

中学時代の先輩に投げ勝った南中道投手は「(瀬岡さんは)意識しました。3回戦の海南戦で完投して、自信がつきました。二次予選では、2ストライクで追い込んでから欲を出さず、力まず投げたいです」と意気込んでいました。                                                                                        

jkefwdvd.jpg

                                                               

こちらのゾーンは、和歌山市の紀三井寺公園野球場が会場。

大型左腕・小川投手が大黒柱の南部龍神、夏4強のメンバーが多く残る和歌山商、投打の軸がしっかりしている田辺、総合力の高い近大新宮などが入りました。

                                                          

hefjddfdf.jpg

                                                               

注目カードの2回戦「和歌山商-田辺」は、エース土井投手の好投で、田辺が和歌山商を3-1で下しました。また、(5歳違いの)耐久OBの監督同士が采配を揮った2回戦「有田中央-粉河」、(1歳違いの)田辺OBの監督対決となった3回戦「南部龍神-田辺」も、個人的には気になるカードでした。

                                                                     

nvedfd.jpg

                                                               

代表決定戦「南部龍神-近大新宮」は、春先の疲労骨折を乗り越えてエースに復帰した近大新宮・松原投手が快投。南部龍神打線を2安打に抑え、2-0で勝利。2年連続5回目の県二次予選進出を決めました。

                                                                      

bkkkkkk.jpg

                                                                         

近大新宮は新人戦から、近大高専(三重)で今春まで監督を務めていた高原広秀氏が、指揮を執っています。1回戦でお会いした際は「まだまだ相手にあわせた野球をしている」と課題を口にしていましたが、この日は「(松原は)でき過ぎじゃないですか。ゲームの入り方、イニングの入り方、すべてクリアしてくれた」と称えていました。
勇退後も引き続き新体制をサポートしている吉田前監督、試合後は笑顔で「公式戦で初めてあんないいピッチング見たよ」と教え子の活躍に目を細めていました。二次予選が大変楽しみですね。

                                                                  

njfevddd.jpg

                                                                    

こちらのゾーンも、紀三井寺公園野球場が会場です。

今の1年生が最後のメンバーとなる伊都、夏の甲子園経験者が多く残る市和歌山、新人戦4試合で計40得点の笠田、緩急操る左腕・友部投手が主戦の那賀、走攻守のレベルが高い日高中津などが入りました。

                                                                   

zzzxddkds.jpg

                                                                          

注目された2回戦「笠田-那賀」は、意外にも那賀の一方的な展開となりました。3回戦「田辺工-市和歌山」では、市和歌山の栗栖投手が7回二死までノーヒットピッチング。最後にヒットを許したものの、7回コールド、9-0で勝利しました。

                                                                

wejondsds.jpg

                                                                   

代表決定戦「市和歌山-日高中津」は終盤、劇的なシーンが幾つも待っていました。

9回表、1-4とリードされた日高中津は、幸運なイレギュラー安打などもあって1点を返し、なおも一死1、3塁で、5番北村選手が値千金の逆転3ラン!

                                                            

jfkdfffd.jpg

                                                          

スタンドが沸きました。

                                                                

ovndfdfdf.jpg

                                                   

しかし、夏春連続の甲子園を狙う市和歌山が意地を見せ、二死3塁から、今夏の選手権でも勝負強かった5番阿部選手が、起死回生の同点打。

                                                                                

jwfeddf.jpg

                                           

白熱した好ゲームとなり、延長戦へ。決勝点は10回表の日高中津。2番西出主将の当たりはセカンド左への強い当たり。はじいて内野安打となった間に2塁走者がかえって勝ち越し。さらに3番仲選手の3ベースも飛び出し、7-5と激闘を制しました。

日高中津は、2年生左腕エースを夏の選手権前から故障で欠いている状況ですが、複数いる投手陣が十分カバーして、2年ぶり9回目の県二次予選進出です。

                                                       

                                                        

さあ、近畿大会出場をかけた秋季県二次予選が、明日から始まります。また当Blogにおいて、球場で取材したことを掲載します。      nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る