アナウンサーブログ

2014.10.28(火) 15:44

秋は芸術、ナレーション

1407sato.JPG

最近、ナレーションの仕事がたくさん入っています。

                                                                     

古い話ですが、喧嘩(?)をするのも本読みの中というぐらい、子どもの頃から本読みが好きでした。

                                                                                 

授業中に国語の本読みをしながらある一音だけを強く読み、「○○(君)バ×」などとメッセージを送るのです。
仕返しはありませんでした・・・。彼は今、『バ×』どころか、研究者になっていると人づてに聞きました。

                                                                                         
昨日は、県文化表彰の表彰式が行われ、和歌山県の誇りに値すると認められる人を称える文化賞を受賞された御坊市出身の洋画家、野田裕示さんに出演していただきました。

                                                                                

野田さんは、キャンバスに布を貼ったり縫ったりして手を加えるなど、形にこだわらず、ご自身の中にあるものを表現されます。
本番の時間は限られているので、リハの際、少しだけお話を伺うと、
「過去の作品を見ていると、その時考えていたことなどがすぐにわかる上、反省もする」とおっしゃいました。

                                                                                          

この言葉が印象的で、どこかに残しておきたくて、今日はブログを書いています。次元は違うかもしれませんが、ナレーションにも同じことが言えるのです。

                                                                                

オンエアで自分のナレーションを聞くと、細かな失敗が見え、数ある表現の中からその読み方を選んだことなどが思い出されます。そして、別の読み方で読めばよかったなどと後悔もするのです。
芸術家との違いは、ナレーションは文章を読み解きながら行うもので、自らを表現するものではないということでしょうか。

                                                                                        

嬉しくなったので、もう1つ質問しました。
作品を見て反省された時、もうひとつ同じような作品で、今度はその反省を生かしたようなものを制作されるのか?と・・・。

                                

野田さんの場合は、結果がわかっている時は作らずに、新たな作品制作に取り組まれるということでした。
ここが凡人との違いなのかと思いました。私なら、結果がわかっていても、もう1つ作り、完成した作品を見て悦に入るからです(もっとも、ナレーションの場合は時間がかかるものではありませんから、すぐに口に出してみたりもしますが・・・)。

                                                                                 

いつか、野田さんが和歌山で個展を開催する際にはぜひ、観覧したいと思っています。型にはまらない野田裕示さんの作品を、ゆっくりと堪能してみたいものです。

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る