アナウンサーブログ

2015年4月

2015.04.18(土) 12:50

私も制服で踊ります!!





こんにちは♪





昨日のワンカツでもお伝えしましたが、
4月26日(日)に和歌山城西の丸広場で
おどるんや春まつり2015が開催されます。






20150418125222.jpg






今年は約36チームが出演。





その中に
もっと色んな人によさこいを知ってもらいたい!
と活動を続ける「青春よさこい部 鳴ルコ萌」という企画チームがいます!






ワンカツ調査部でも色んな情報を紹介してくれている、
平均年齢19歳、
制服でよさこいを踊る和歌山の可愛い可愛い女の子達。。。。






はい。。






実は今年26歳の
私、瀬村奈月。。。。。






鳴ルコ萌に参加し、当日踊ることになりました(@_@)
お話しを受けたのが、開催2週間前のこと。






20150418125406.jpg
【仕事終わりに練習】





物覚えが悪く、リズム感0。運動不足の瀬村ですが、
仕事終わり、お昼休みを利用して練習に励んでいます!!







制服を着るのも不安ですが(笑)
私も当日は鳴ルコ萌のメンバーの一人として、
よさこいをたくさんの方に知っていただけるよう
精いっぱい楽しみながら踊りますので、
お近くの方はぜひ遊びにいらしてください♪♪







20150418125442.jpg
【調査部出演:鳴ルコ萌 れいちゃん・まゆちゃん】





20150418125519.jpg
【調査部出演:鳴ルコ萌 あやな・ほーちゃん】





20150418125551.jpg
【調査部出演:鳴ルコ萌 さきさん・ゆっきーの】







また当日は、ステージの他
よさこいグッズ販売や飲食ブースの出展、
フリーマーケットなども行われるということです!







晴れますように☆










瀬村奈月

2015.04.16(木) 15:29

ママさんたちの熱い戦い!



みなさま、こんにちは(^^)
気がつけば4月も中旬ですね。




久しぶりの更新となりました。
瀬村奈月です。




4月5日(日)、
WTV旗争奪第41回
和歌山県婦人バレーボール選手権大会が
和歌山市立市民体育館で行われました。





semu1.jpg





私は、
・全チームの紹介インタビュー
・準決勝第1試合、第2試合の
両チームベンチサイドリポート
・決勝リポート
・閉会式の会場MC
として携わらせていただいたのですが、、、、





semu2.jpg





いや~!!
今年も白熱した試合が繰り広げられましたね!!








試合前ママさんたちにお話を伺うと、




『この大会はやっぱり緊張する!』



『綺麗に映してよ~』



『子供も知り合いも皆見るから頑張らなあかんねん!』





と、テレビ放送されるということで
他の試合よりも緊張するし、気合が入るとのこと。





みなさんお話をすると、
とっても明るく
チャーミングな笑顔をみせてくれるのですが、
試合が始まると表情は一変。





次々と、
繰り出される鋭いスパイクや
長身を活かしたブロックに
会場は大盛り上がりでしたヽ(^。^)ノ





そんなママさんたちのプレーは、
今月テレビ和歌山で放送されます!!





semu3.jpg





アタック!ママさんバレー
WTV旗争奪 第41回
和歌山県婦人バレーボール選手権大会

4/27(月)14:00~15:14 開会式・1回戦第1試合・第2試合

4/28(火)14:00~14:54 1回戦第3試合・第4試合

4/29(水・祝)14:00~14:54 準決勝第1試合・第2試合
      
4/30(木)14:00~14:54 決勝・閉会式





各チーム部員募集中とのことですし、
ママさんバレーに興味のある方、
バレーボールが大好きという方も是非ご覧ください☆




瀬村 奈月

2015.04.14(火) 10:22

日限浄土寺の春の万灯会

sato1505.JPG

遅くなりましたが、先週水曜日の8日に中継Dとして伺った、海南市のおひぎりさんこと日限浄土寺の万灯会の様子をアップさせていただきます。 

 

三浦さんのリポートでもお伝えしましたが、今年で8回目となった浄土寺の万灯会は、激しい怒りを表す火の道と冷たい嫉妬などの怒りを表す水の道の間の細い道を通ると、花々が咲き乱れる極楽浄土にたどりつけるというイメージにロウソクが並べられていました。 

 

瓶の中に赤々と燃えるロウソクの炎が見える火の川、荒れ狂い、襲いかかるような水を表現した波模様となっている水の川。そして、彩色した紙で作られ、折りたたんで来年も使えるように工夫された大きな花々。 

膨らませた風船に紙を貼り付けて乾かし、作ったという丸い入れ物もありました。 

 

日限浄土寺には、あの「稲むらの火」のモデルとして知られている濱口梧稜の遠縁にあたる実業家をはじめとした地元の人々の協力で建てられた建物、大書院があります。 

 

40年もの間、締め切られ、崩れかけていた大書院を角住職自ら修繕し、去年からは時々、週末カフェも開いているそうです。高台にある大書院からは海南市街が一望でき、三浦さんが走っていく電車を楽しそうに見送っていたのが印象的でした。 

 

角住職は、大きな災害が発生した時などは高台にある大書院が避難所となることを知ってほしいとおっしゃっていました。次回は7月24日に夏の万灯会も開催するそうですので、行ってみてください。

 

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る