アナウンサーブログ

2015年5月

2015.05.11(月) 18:54

春季大会を振り返って③

こんにちは(^.^)

引き続き、春季近畿地区高校野球大会 和歌山県予選を振り返ります。

                                                                                                    

rdeoiurjdf.jpg

                                                                                        

rtyrehffd.jpg

                                                                                        

準々決勝 第3試合 「田辺-紀央館」

                                                                                                               

昨春準Vの田辺と、3年ぶり7回目の4強入りを狙う紀央館の対戦。両校は、夏の選手権和歌山大会で一昨年、去年と対戦していて、いずれも1点差で紀央館が勝利しています。去年は準々決勝で、紀央館がシード校の田辺を下して夏31年ぶりの4強入りを果たしましたね。旧チームから、どちらも投打の軸が残っています。

                                                                                                                      

rwwwwdf.jpg

                                                                                                    

試合は序盤に1点ずつを取った後、投手戦に。

9回表、紀央館は一死満塁と勝ち越しの絶好機を作りますが、田辺・土井投手が踏ん張ります。その裏、田辺も3塁まで走者を進めますが、紀央館・楠岡投手が粘りのピッチング。ホームを踏ませません。

延長に入り、10回裏。田辺が再度サヨナラのチャンスを迎え、紀央館はエースナンバーの下村投手にスイッチしますが、最後は押し出しのフォアボール。紀央館は2回戦の粉河戦でタイブレークの末勝利、3回戦ではセンバツ出場の桐蔭に競り勝つなど、勝負強さを発揮しましたが、ここで力尽きました。

田辺が2年連続16回目の4強進出を果たしました(夏のシード権獲得は13回目)。

                                                                                            

ryykorg.jpg

                                                                                     

田辺・田中監督の談話

「(紀央館戦勝利は)3年越しです(笑)土井が春の大会に入ってから調子を上げてきた。コントロールはいいし、経験豊富なので勝負どころもわかっていたようだ。ケガ人が相次いだこともあって、内野は秋のレギュラーと殆ど違うが、今日はよく守った。春以降、ノーエラーの試合は初めて。去年のチームには安定感があったが、今年はそうでない。ただ、先輩たちを見てきて、こうしたら勝てるというものを教わってきたのでは。ここという時の集中力を出してやっている。」      nacker

write:

2015.05.11(月) 18:16

春季大会を振り返って②

こんにちは(^.^)

引き続き、春季近畿地区高校野球大会 和歌山県予選を振り返ります。

                                                                                                   

pafeef.jpg

                                                                                                

pbrefdfd.jpg                                                                                                        

準々決勝 第2試合 「箕島-日高中津」

                                                                                        

昨秋の近畿大会出場校、箕島と日高中津が激突。両チームとも、二遊間をはじめとしたコンバートやレギュラー争いを繰り広げながらスタメンや打順が入れ替わり、レベルアップをはかっています。

春季大会に限っては、一昨年も準々決勝であたっていて、その時は尾藤新監督で臨んだ箕島が1-0でサヨナラ勝ちしました。今回は・・

                                                                                         

piortggoo.jpg

                                                                                         

1点を先制した日高中津が4回表、今大会背番号1を付けた箕島の左腕・中村投手からビッグイニングを作ります。去年の秋季県二次予選1回戦・智辯和歌山戦で見せたような打線の繋がりで、一気に試合の主導権を握っていきました。

                                                                                             

pzzxx.jpg

                                                                                               

今大会4試合目の日高中津、うちエース栗栖投手が3回目の完投。木本投手らを擁した2008年以来、春季大会では7年ぶり7回目の4強進出を果たしました。

                                                                            

日高中津・垣内監督の談話

「今年はキャプテンを中心にチームワークが良く、前向きにやれるチーム。栗栖は春の大会が始まるまで9イニングを投げたことがなかったが、一生懸命練習する子で、冬場のトレーニングによって制球力が上がった。今日は栗栖としてはいいピッチングではなかったが、打力ある箕島に力負けせず、よく投げてくれました。」      nacker

write:

2015.05.11(月) 16:55

春季大会を振り返って①

こんにちは(^.^)

                                                                                       

春季近畿地区高校野球大会 和歌山県予選は、智辯和歌山が2年連続9回目の優勝を果たし、昨日閉幕しました。

                                                                                                          

oejfddds.jpg

                                                                                            

ここでは、数回に分けて、春季県予選を振り返ります。

                                                                                   

なんといっても注目されたのは、夏のシード権がかかった準々決勝4試合。

                                                                                    

ohffddf.jpg

                                                                                             

omreddd.jpg

                                                                                          

準々決勝 第1試合 「紀北工-初芝橋本」

                                                                                          

橋本市内勢どうしの対戦。創部50年目の紀北工、25年目の初芝橋本、どちらが勝っても春季大会初の4強入りということもあって、関係者の方々も気合いが入っているように見えました。

紀北工・瀬岡投手、初芝橋本・棟羽投手による投手戦が予想されましたが、中盤一転して両チームに集中打が飛び出すなど大きく試合が動きます。

                                                                                           

osujddfdf.jpg

                                                                                                 

初橋は一気に勝ち越すチャンスがあったものの、7回裏は強打の4番黒瀬主将、5番椿本選手が内野ゴロに仕留められ、8回裏には1番和田選手が空振り三振。一塁が空いているにもかかわらず、強打者や巧打者に対して逃げなかった瀬岡投手の気迫におされました。9回裏は、2番からの上位陣を3者連続三振。高校通算80本塁打の黒瀬主将を5打数無安打に封じて、紀北工が競り合いを制しました。

                                                                                                    

ozzehjwfd.jpg

                                                                                                    

紀北工・谷本監督の談話

「瀬岡は秋の頃に比べると調子は良くなかったが、もともと実戦で調子を上げていくタイプ。気の強さはチームでも1、2を争うくらい。今日も点を取られてからスイッチが入ったかな。(追い上げられた回に)逆転されなかったことが大きかった。選手には試合前から'接戦になるだろうから、いいゲームをしよう'と伝えていた。シード権を獲ったが、反面、勘違いしなきゃいいなとは思います。」      nacker

write:

2015.05.06(水) 16:42

最終戦

こんにちは(^.^)

                                                                                              

dijffddd.jpg

                                                                                              

5月3日(日)、ノーリツアリーナ和歌山へ。

NBL 2014-2015レギュラーシーズンの最終戦が行われました。

                                                                                                     

edfdfdd.jpg

                                                                          

和歌山トライアンズ、2シーズン目は本当にいろいろありました。。。

                                                                                         

guierefd.jpg

                                                                                         

成績が振るわず、観客動員数も伸び悩みました。

報道にあった通り、先日、NBLが来季のトライアンズのリーグ参加を認めないと、決めました。

そんな中、最終戦は多くの人々が観戦に訪れ、昨季のような活気が戻りました。

                                                                                                

rjreweed.jpg

                                                                                                   

2階スタンドでは、熱狂的ブースターが!

連敗トンネルから抜け出せない中でも、勝利を信じて、休まず声を嗄らし続けた人たちです。

                                                                                                         

owefdvd.jpg

                                                                                                          

声援が力となり、序盤からリード。

                                                                                                

ojferdfdf.jpg

                                                                                                     

1月以降、ボランティアという形で活動してきたトライアンズチアリーダーズ。

この日をもっての解散を既に公表しており、ラストステージに。

キッズチアたちとの共演で、ブースターを魅了しました。

                                                                                                   

ierkfddfd.jpg

                                                                                                

こちらの方も集大成。

松下電器パナソニックスーパーカンガルーズ時代から10数年間MCを務めてきた

我らが 了さん (^^)/

                                                                                                

lrehfefd.jpg

                                                                                                         

会場が一体となり、見事、兵庫ストークスとの関西対決を制しました。

そして、熊本ヴォルターズと同率ながらウエスタンカンファレンス最下位脱出。

有終の美を飾りました。

                                                                                                                        

xoerjdfd.jpg

                                                                                                                            

xqoefvfddf.jpg

                                                                               

ゲーム後恒例のハイタッチ。

                                                                                                               

oreidfdds.jpg

                                                                                                 

トライアンズにとって、あなたの声は大きな戦力でした!

了さん、お疲れさまでした・・・

                                                                                                     

ygwrdsdd.jpg

                                                                                              

試合後の記者会見。

                                                                                                        

昨夏、トライアンズのPR大使として加わり、シーズン途中からチームの指揮をとった石橋貴俊ヘッドコーチは「びっくりするようなシーズンだったが、選手たちは最後まで前向きな気持ちでコートに立った。そのことを誇りに思う。また、ビラを撒いてくれたり、ポスターを貼ってくれたり、募金をしてくださった皆さんに感謝したい。和歌山のブースターは『応援』するだけでなく、自ら動いて一緒に『参加』してくださる方が多かった」と述べました。

                                                                                                   

zzqjwqedfdf.jpg

                                                                                                                                                                                              

歓喜に沸いた1シーズン目。

活動停止を乗り越えた2シーズン目。

                                                                                        

また応援できる日が来ることを願って・・       nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る