アナウンサーブログ

2015.05.12(火) 08:28

春季大会を振り返って④

おはようございます。。。連投です^_^;

引き続き、春季近畿地区高校野球大会 和歌山県予選を振り返ります。

                                                                                              

uppjjff.jpg

                                                                                           

ureikdfdf.jpg

                                                                                                     

準々決勝 第4試合 「熊野-智辯和歌山」

                                                                                        

新チーム結成以降、新人戦、秋季大会では初戦敗退だった熊野。しかし、上級生には1年時から出ていた選手も多く、春季大会でようやく実力を発揮。2回戦で那賀を下すなど3勝を挙げて快進撃を見せます。もうひとつ勝てば、10年ぶり7回目の4強入り(6回目の夏のシード権獲得)です。

一方、昨夏の和歌山大会決勝での敗戦後、捲土重来を期したものの、秋季大会では県二次予選1回戦でまさかの大量失点を喫し、選抜大会出場を逃した智辯和歌山。今大会はここまで3試合連続コールドで勝ち上がってきました。

                                                                                                           

uwwwdwoj.jpg

                                                                                                         

試合は智辯和歌山が2点を先制しましたが、その後は熊野の2番手・新宅投手を攻略できず、終盤まで進みます。迎えた8回表、9番齋藤選手がライトへタイムリーを放ち、待望の追加点。

9回裏、熊野は3番林選手がレフトへホームランを放って粘りますが、今大会初登板の智辯和歌山・齋藤投手に抑えられました。智辯和歌山が6年連続21回目のベスト4進出です。

                                                                                                                  

uzxssa.jpg

                                                                                             

智辯和歌山・高嶋監督の談話

「打つほうがねえ・・ホームランはいらんけど、ヒットにしてもらわんと。疲れてて、バットが振れていない。クリーンアップが打ったら勝つんだが、打たないからね。齋藤は(公式戦登板が)久しぶりだったが、それなりにまとめてくれた。」     nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る