アナウンサーブログ

2015.05.12(火) 09:11

春季大会を振り返って⑤

こんにちは(^.^)

引き続き、春季近畿地区高校野球大会 和歌山県予選を振り返ります。

                                                                                           

sourdfdfd.jpg

                                                                                                 

準決勝 第1試合  「紀北工-日高中津」

                                                                                                                      

公式戦を通じて初の決勝進出を目指す紀北工、15年ぶり3回目の決勝進出を狙う日高中津。

序盤から日高中津が先手を奪って、紀北工が追いかけるという展開になりました。

内容的にはほぼ互角でしたが、再三のピンチを日高中津の先発・栗栖投手、2年生の岡投手が切り抜け、勝利をおさめました。

                                                                                                                             

svuhirefefd.jpg

                                                                                                

続いて・・

準決勝 第2試合  「田辺-智辯和歌山」

                                                                                              

昨春は決勝で対戦した両チーム。その時は、智辯和歌山が5対0で勝利しましたが、今回は一方的な試合展開に。

                                                                                                               

syyyyyre.jpg

                                                                                                           

2年連続11回目の決勝進出を目指す田辺に対し、智辯和歌山は2回裏に3番山本選手が左中間深いところへ3ランHRを放つなど、中軸3人だけで計11安打10打点。土井投手ら田辺の登板3投手を捕らえ、大勝しました。

なお、県高野連によりますと、公式記録が残る県内の春、夏、秋の大会で毎回得点を記録したのは、今回が初めてだそうです(コールドゲームを除く)。

智辯和歌山は2年連続14回目の決勝進出です。

                                                                                                                        

szuwodjdd.jpg

                                                                                                         

ともに1回戦スタートで、5勝を挙げて勝ち進んだ日高中津と智辯和歌山。

近畿大会出場をかけて、翌日の県予選決勝に臨みました。      nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る