アナウンサーブログ

2015.05.12(火) 17:34

春季大会を振り返って⑥(終)

こんにちは♪

引き続き、春季近畿地区高校野球大会 和歌山県予選を振り返ります。

今回が最後です^_^;

                                                                                  

vavfevfd.jpg

                                                                                  

5月10日(日) 快晴の紀三井寺公園野球場。

                                                                                    

決勝 「日高中津-智辯和歌山」

                                                                                        

両チームは、去年の秋季近畿地区高校野球大会 和歌山県二次予選の1回戦で対決。初回に日高中津の6番早田選手が、智辯和歌山の齋藤投手から満塁弾を放つなど、5回までに日高中津が9対0と大量リード。しかも智辯は前半ノーヒットという衝撃的な展開に。結局、智辯の後半の追撃を振り切って、日高中津が11対5で勝利し、その後3位に入って秋季近畿大会に出場しました。

                                                                                           

vbwiuedf.jpg

                                                                                      

さあ、春の決勝。日高中津・垣内監督はもちろん背番号1の栗栖投手を、智辯和歌山・高嶋監督は秋に屈辱を味わったエース・齋藤投手を先発マウンドに送り込みました。そして、智辯は前日の準決勝からスタメンや打順を入れ替えてきました。

                                                                                               

vcuiewd.jpg

                                                                                 

先制は智辯和歌山。1回裏、二死3塁から相手バッテリーミスで1点を取ります。

                                                                                             

vduiredd.jpg

                                                                                      

3回表、日高中津が3番増田選手の併殺崩れの間に同点。さらに、5番西出主将がセンター前ヒット。エンドランが決まり、2塁ランナーが生還。2対1と逆転に成功します。

                                                                                          

veijredfd.jpg

                                                                                       

viwehdd.jpg

                                                                                              

6回表には、日高中津の7番北村選手が左中間へ豪快なソロアーチ。3対1とリードを広げます。

あと1点取れば、日高中津がかなり優勢となるムードの中、ここから智辯和歌山の齋藤投手が踏ん張ります。

7回表のピンチを切り抜け、8回表には連続バント失敗を誘い、味方の反撃を待ちます。

                                                                                                              

vkiufedfdf.jpg

                                                                                 

7回まで強力智辯打線を1安打に抑えていた日高中津・栗栖投手。ですが連投の疲れを隠せず、8回裏、先頭の1番打者を歩かせてしまいます。ここで垣内監督が思い切った采配を見せます。公式戦1イニングの登板実績しかない1年生の原投手にスイッチ。

                                                                                                 

vlrehdfd.jpg

                                                                                          

しかし、日高中津の継投ははまらず、智辯和歌山は3番山本選手、4番西山主将の連続タイムリーで同点に追い付きます。日高中津は3番手・岡投手に交代。キャッチャーも昨秋レギュラーの中原選手が代わって出場、後続を断ちました。智辯は走塁ミスが出るなど、同点止まりで9回に突入します。

                                                                                              

iwfbehdd.jpg

                                                                                                

日高中津は9回表、球数が130球を超えた智辯和歌山・齋藤投手を攻め立て、二死満塁のビッグチャンス。打席にはホームランを打っている7番・北村選手。球場内は緊迫した雰囲気・・・

高く上がったライトフライに打ち取り、智辯が最大のピンチを脱します。

                                                                                           

vqjoerdd.jpg

                                                                                                       

ピンチの後にはチャンスあり。

9回裏二死走者なしから、智辯は四球・ワイルドピッチ・四球で1、2塁とし、最後は4番西山主将が1、2塁間を破るライト前サヨナラタイムリー。

                                                                                                 

vsujweds.jpg

                                                                                                

vxodffd.jpg

                                                                                               

激闘に幕を下ろしました。。。

                                                                                        

vyefwedf.jpg

                                                                                                 

2年連続9回目の優勝を果たした智辯和歌山。

西山主将は「練習試合では、逆転した試合が一度もなかった。'接戦''逆転'が僕たちの課題だったので、自信になりました。」

齋藤投手は「秋に負けて、長い間練習して、中津に勝てて良かった。インコースの真っすぐの精度をもっと高めて攻めていきたい」と、春季近畿大会に向けた意気込みを述べてくれました。

高嶋監督は「齋藤がランナーを出しながら粘り強く投げてくれた。しぶとく食らいつき、最後にうっちゃる。今までにない智辯の勝ち方じゃないかな。'後攻'で'競ったゲーム'。競ったゲームをモノにすれば自信になる。春は夏の前哨戦。ダメなら鍛えなおす、良ければ自信になりますから。」

そして、「秋の借りを返した?いやぁ、甲子園に出なあきませんよ」と笑顔を見せました。

                                                                                                   

vzxidhd.jpg

                                                                                    

15年ぶり3回目の優勝はならなかった日高中津。

垣内監督は「栗栖は1安打に抑えて立派だった。けれども、後半に入って、6回あたりから球がぬけて死球を出し、ちょっと辛いなと代えました。あのシーンは1年生を起用したが、とにかく残りを複数でやれればと思っていた。最後はサインミスがあり、課題を残したが、今年は打てるチームで、強いと信じている」と話しました。

確かな手応えを掴み、未だ果たせていない選手権出場へ・・

シード校として垣内監督が通算23回目の夏の采配を振るいます。  nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る