アナウンサーブログ

2017年4月

2017.04.27(木) 19:17

1年7ヵ月ぶりの公式戦

本日、二回目の投稿です(^.^)

                                                              

wjekrfjefkojfdvfjjfddfd.jpg

                                                             

「春季近畿地区高校野球大会和歌山県予選」

開幕日の4月15日、

創部13年目の慶風が、和歌山高専との1回戦に臨みました。

                                                             

慶風の公式戦の出場は

一昨年9月の秋季大会以来、約1年7ヵ月ぶり。

今年3月までは上級生2人だけの部員数でしたが、

新1年生8人が入部。

完成したばかりの新ユニフォームを着用した10人が

序盤から大きな声を出しながら元気いっぱいプレーしました。

                                                              

wojevfvofkledfjfdokldfokdfdfd.jpg

                                                 

この日、バッテリーを組んだのは3年生2人。

奥村投手と嶝(さこ)捕手です。

公式戦に出られず、先が見えない中でも

支えあって困難を乗り越えてきました。

                                                       

予定していた前週の練習試合が雨で流れ、

実戦無しのぶっつけで臨んだ公式戦。

結果は・・・0対6で敗れました。

                                                                

試合後、主将を務める奥村選手は

「はじめはちょっと緊張したけど、楽しかったです。」

嶝選手は

「9回までできたのが嬉しかった。連係プレーができるようになれば、

もっといい形になると思います。」と話していました。

                                                            

xijoeklfvojfdojdfjdjfdfdfdfdf.jpg

                                                                          

県内の中学の硬式野球チームの指導者を経て

慶風の監督に就任した前田監督にとっても、

就任後初めて迎える公式戦でした。

                                                        

試合後は清々しい表情で

「(3年生)2人が残ってくれた中で、

なんとか1試合でも出させてあげたい、という思いでした。

(相手に比べて)体力の差を感じたので、

1年生には早く高校野球に慣れてもらいたい。

3年生にはそれぞれの良い部分を伸ばしてもらいたいです。

これからです!」と述べていました。

                                                         

ydhdfdfidfdfdfdfdfdfuyuryury.jpg

                                                        

この夏、慶風が紀三井寺のグラウンドで

どんな戦いを繰り広げてくれるか、

今から楽しみです。     nacker

write:

2017.04.27(木) 17:25

春季高校野球始まる

こんにちは(^O^)

                                                                          

pjelvfiejudfidjkjdkfjhjdddkdkdkndf.jpg

                                                                                     

今回は、県内の高校野球について。

まず、4月12日に行われた

和歌山県高校野球連盟の今年度第1回の責任教師会議で、

連盟の新しい会長と理事長(専務理事)が正式に決まりました。

                                                              

ojkeffivhbjijefojkvfuidhsiodjkldfpkf.jpg

                                                                   

新会長に花本明氏(県立和歌山商業高校校長)〈写真奥左〉が、

新理事長(専務理事)にはこの春まで副理事長(常務理事)だった

伊藤誠悟氏(県立和歌山商業高校教諭)〈同右〉が

就任することになりました。

                                                                              

ところで、4月15日には待ちに待った公式戦

「春季近畿地区高校野球大会和歌山県予選」が開幕。

近畿大会出場と、夏の選手権和歌山大会のシード権獲りに向け、

39校が戦いに挑みます。

                                                          

DSC00277.jpg

                                                                

創部2年目の和歌山南陵

緑のアンダーシャツ、ストッキングは変わりませんが、

純白ユニフォームの胸部分の校名文字が漢字に!

カッコいいですね♪

公式戦初勝利はお預けとなりましたが、

ひと冬越えて成長した姿をグラウンドで見せました。

                                                                        

voucjkhuiioewjijpofdkjiofifd.jpg

                                                         

初戦から実力校が次々と敗れる波乱模様の春季県予選。

1、2回戦のうち、私は11試合を取材観戦しましたが、

試合展開で最も驚かされたのは・・

1回戦の近大新宮vs紀北工

                                                                          

vzzzihduidudohuefwf.jpg

                                                                

9回裏の大逆転劇がありました。

野球は最後までわからない、、、

ということを改めて教えられました。

勢いに乗った紀北工は2回戦も勝利し、

ベスト16入りを果たしています。

                                                

zjiquwoiuejdfjdofklfdofdfd.jpg

                                                            

マネージャーを含め

硬式野球部員が100人に達したのは初芝橋本

(部員数3ケタは、2007年度の近大新宮以来だと思います)

                                                                

ohuewjfivkdjdoiklkjfidfdkdfdf.jpg

                                                           

大所帯でのレギュラー争いを勝ち抜いて

試合に出ている選手たちが躍動。

1回戦、2回戦と勝利し、

次の3回戦では・・

去年9月の新人戦準々決勝で延長の末に敗れた智辯和歌山

29日に対戦します。これは注目です!!    nacker

write:

2017.04.27(木) 12:43

わかやま医療ナビの取材から

6月の誕生石、真珠。

貝の体内で生成される宝石というのは有名な話だ。

 

そして、6月の医療ナビのテーマは尿路結石症。

人間の体内で生成され、激痛の末に生み出される石の話もまたよく知られている。

まだ見ぬ尿路結石は宝石のように美しく輝いているのだろうか...

 

「先生、結石のサンプルを見せていただいてもよろしいでしょうか?」

「どうぞ、これです」

「・・・・・・」

 

その結石は宝石のようではないけれど、きれいだった。

でも、サンゴ状をした形は持ち主の辛さを物語っていた・・・

 

6月の『わかやま医療ナビ』では、尿路結石症について、メタボリックシンドロームとの関係や予防法などについてお伝えします。

6月4日(日)午後6時15分からです。

 

その前に... 5月のナビは『突然死』について、

5月7日(日)午後6時15分放送です。

 

生まれて初めて解剖室に入りました。

そこでは、人の尊厳を守る為の死因究明が行われています。

『特に小さなお子さんは一刻も早く親御さんの元に返してあげたい』

ご遺族の気持ちに寄り添い、夜中でも究明作業を続ける先生の心が伝わればと思います。

 

突然死はどんな状況の下で起こることが多いのでしょうか?

県内での孤独死はどんな地域で多いのでしょうか?

ぜひ、番組をご覧いただけたらと思います。



ちなみに、サンプルは写真のチョーカーよりも大きいサイズでした。

これを砕く治療などもあるそうですが、どうぞ健康管理を怠らないように願います。

後ろのNアナは訳もわからず写り込んでいます。すみません。

 sato1705.jpg

write:

2017.04.01(土) 16:09

鶴渕さん、ありがとう!

こんにちは!

                                                 

番組改編のシーズン。なんだか落ち着きません^_^;

                                                       

kldjoueriejoehodfiidjdfdfd.jpg

                                                      

テレビ和歌山本社玄関に掲げている

レギュラー番組などのパネルも、

近々、新たなものに交換することとなります♪

                                                                  

oefwuivfdpciofdouiieofdidd.jpg

                                                     

「ニュース&情報 5チャンDO!」では、

3月いっぱいで番組を卒業する

水曜・木曜レギュラーMCの鶴渕さやかさんが

最後の生出演。

しょっちゅう一杯一杯になる拙い私を

何度もフォローしてくれました。ありがとう!!

                                                            

pjieorfuewoisaduifiufdidd.jpgoejifdjohdkfjijvofdjfdojkfilkd.jpg

                                                        

鶴渕さんからのメッセージを紹介します。                                                           

                                                                      

夕方のニュースをお伝えして、 丸3年半。

本当にあっという間で、充実していました。

番組を通して私自身が和歌山のことを勉強させてもらい、

こんな魅力的な場所で働けて幸せだったと感じます。

いつしか「和歌山産」の表示や和歌山の情報に

すごく敏感になっている自分がいました。

またテレビ和歌山の皆さんを始め出会う方々がとても優しく、

穏やかな空気感を感じられて心地良かったです。

温かいお手紙をいただいたこともあり、ありがとうございました。

これからはテレビを通してではなく、足を運んで

和歌山の良さを知っていこうと思います。

番組で紹介して、行きたくなった場所がたくさんあるので(*^_^*)

4月からは新キャスターが加わって5チャンDO!がパワーアップします。

ぜひ新年度も楽しんでご覧ください。

3年半楽しかったです!ありがとうございました!

                                                                      

pwljkdfuiodpkfljfidokdfkd.jpg

                                                                            

テレビやラジオ、イベント等での

鶴ちゃんのさらなる活躍を期待していますし、

応援していきます(^.^)

                                                         

「@あっと!テレわか NEWSスタイル」の半年間を含め、

通算3年半、本当にお疲れさまでした。

                                                

eojlkfoeirlpjdkhufjfvfijfdlkdod.jpg

                                                          

さあ、今日から4月!!

新年度も

テレビ和歌山を宜しくお願い致します      nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る