アナウンサーブログ

2017年9月

2017.09.30(土) 20:19

東奔西走!

こんばんは

  

読書の秋、芸術の秋、食欲の秋...

みなさんは、どんな秋をお過ごしですか?

岩﨑です。

  

さぁ、私はここ数週の週末は

高校スポーツの勉強に、西へ東へ南へ

奔走しております^^

この秋は「スポーツの秋」がテーマです(^o^)/

  

【県下新人戦4強をかけて】

 

IMG_6442[1].JPG

  

9月9日、10日は

田辺スポーツパーク野球場で行われた

県下新人戦準決勝、決勝を見てきました!

  

IMG_6462[1].JPG

  

優勝は箕島高校、準優勝は和歌山東高校

ベスト4は、星林高校、智辯和歌山高校でした。

  

IMG_6522[1].JPG

  

上位4校は、秋季近畿地区高校野球県一次予選が

免除されることになります。

  

【県一次予選ゾーン代表決定戦】

  

9月24日は県一次予選のゾーン代表校決定戦を

見るため、紀三井寺公園野球場へ。

 

  

IMG_6638[1].JPG

   IMG_6663[1].JPG

 

  

県一次予選のゾーン代表校は、

近大新宮高校、高野山高校、

日高中津分校、和歌山南陵高校に決定しました!

  

IMG_6619[1].JPG

  

県一次予選ゾーン代表校は、

県二次予選に進みます。 

県二次予選の日程はそれぞれご覧の通りで、

今日は2試合が予定通り行われました。

智辯和歌山高校と箕島高校が来週の準決勝に

進出しました!

9/30①智辯和歌山 12ー 0 和歌山南陵

                                 (5回コールド)

9/30②箕島 12 ー 9 近大新宮

10/1①和歌山東 ー 高野山

10/1②星林 ー 日高中津

明日も2試合が行われます。

どの高校が近畿大会、そしてその先のセンバツに

コマを進めるのか、目が離せません!

 

IMG_6707[1].JPG

 

【ジャンプリーグを観戦】

「スポーツの秋」、9月23日は

第96回全国高校サッカー選手権和歌山予選の

開幕も近いということで、現在開催中の

ジャンプリーグを高松良誠アナ、

中村隆之アナと見学してきました!

  

  IMG_6605[1].JPG

和歌山北高校西校舎でジャンプリーグ2試合が

行われました。

今回試合があったのは、近大和歌山高校、

初芝橋本高校、和歌山北高校、

和歌山工業高校で、各校本大会を間近に

控えているということで、

試合中も監督から選手へ様々な指示が

出されていました。

  

IMG_6600[1].JPG

  

第96回全国高校サッカー選手権和歌山予選

テレビ和歌山では11月12日、18日に

紀三井寺公園陸上競技場で行われる準決勝、

決勝を実況生中継で放送することに

なっています。是非ご覧ください!

  

【沖縄シーサーfeat.阪神タイガース】

高校スポーツの話から少し逸れまして、

ここでは先輩アナウンサーの「スポーツの秋」を

ご紹介。

先日、夏休みで沖縄県・宮古島に行かれてた

先輩アナウンサーの山田さんから沖縄名物、

シーサーfeat.阪神タイガースをお土産として

頂きました^^笑

私、大の阪神ファンなので、これには歓喜の声を

あげずにはいられませんでした(笑)

  

IMG_6534[1].JPG

  

山田先輩はダイビングで「スポーツの秋」を

堪能されたということです^^

  

IMG_6536[1].JPG

  

写真左後方は以前、山田先輩から取材先の

お裾分けとして頂いた「JR日本最南端の駅・

西大山駅貯金箱」。

タイガースファンのみなさん!

貯金箱効果で来季以降は阪神の貯金も

貯まっていくことを期待しましょう!笑

もちろん、

甲子園開催のクライマックスシリーズも

楽しみですが...!

  

【優しい金曜日】

週末に高校野球の秋の大会を勉強に

行かせてもらっているという話は

既にお話しました。

しかし私、

記録用のスコアブックは持っておらず、

市販のノートにスコアをつけるという形を

取っておりました。そんな岩﨑に

中村先輩から、救いの手が...!!

「ノートにつけるのもいいけど、

これ、使いなよ。だいぶ前に買ったやつだけど、

まだ使ってないからさ。」

御礼申し上げ、席を外し、また戻ると、

机の上には

「参考までにどうぞ!」というメモとともに

高校野球の追加資料として、

様々なデータが記録された中村先輩自前の

オリジナル冊子まで...!

  

IMG_6695[1].JPGのサムネイル画像

  

優しさに触れた金曜日の放送終了後でした。

  

さてまたまた話を逸してしまいましたが、

ここ数週は気温もぐっと下がり、

なにをするにしても、かなり過ごしやすい日が

続いておりますが、急な気温の変化は

体調を崩しやすくなります。

みなさんは風邪や怪我のないよう

実りの秋をお過ごしください^^

では今回はこの辺りで、失礼しますー!

write:

2017.09.29(金) 16:11

県内初の4者連続アーチ

さらに、こんにちは(^O^)

                                                               

近畿大会出場、

そしてセンバツ出場に向けての戦い、

「秋季近畿地区高校野球大会県二次予選」が

いよいよ明日から紀三井寺公園野球場で行われます。

                                                        

秋季県二次予選進出は、

新人戦でベスト4入りした

箕島(2年連続38回目)

和歌山東(4年連続5回目)

智辯和歌山(17年連続31回目)

星林(5年ぶり19回目)と、

秋季県一次予選から勝ち上がった

和歌山南陵(初)

近大新宮(3年ぶり6回目)

高野山(6年連続10回目)

日高中津(2年ぶり11回目)の計8校です。

※カッコ内は秋季県二次予選進出回数

                                                             

pfljluifkdjikfdihdfijfdiojfdkfdjidfhijufd.jpg

                                                          

和歌山南陵は、24日に行われた

秋季県一次予選のゾーン代表決定戦で

市和歌山に勝利!

                                                

逆転を許した直後の8回裏、

県内公式戦では史上初となる4者連続ホームラン

(1番山﨑選手、2番藏屋選手、3番山田拓選手、4番中山選手)

鮮やかに再逆転しました。

                                                         

(一財)和歌山県高校野球連盟の記録部に確認すると、

県内公式戦での3者連続ホームランは

過去に1回だけありました。

1999年夏(第81回選手権和歌山大会)の

1回戦「粉河-向陽」で6回裏、

粉河の2番、3番、そして5番打者が

ホームランを放っています。

※4番打者は四球だった為、連続扱いに

                                                      

ojkiehifdhisduifdygdfoidshdsifdiudoid.jpg

                                                               

勢いに乗る和歌山南陵。

明日の秋季県二次予選1回戦では

強豪の智辯和歌山と対戦します。

創部2年目ですが、昨夏、今春、今夏に続き、

公式戦では早くも4回目の対決です。    nacker

write:

2017.09.29(金) 14:56

新人戦でのデータ

こんにちは(^O^)

昨日に続いて、高校野球の話題を♪

                                                      

ehrjegrujifdhifdgfdidfifdihfdihfdugvfif.jpg

                                                                            

先の「県下高校野球新人戦」では

箕島が延長10回サヨナラで

和歌山東を下して優勝しました。

〈写真は後輩I氏撮影〉

                                                        

箕島の新人戦優勝は意外にも27年ぶりで、

その時は、林孝哉遊撃手や山路剛弘投手らを擁し、

翌春のセンバツに出場しました。

                                                         

jertioreklhuijufjhgfjiodfihfdipojfdfd.jpg

                                                    

智辯和歌山は準決勝で箕島に敗れはしたものの、

4強入りしたことで

17年連続の秋季県二次予選進出。

以前に当ブログで紹介したこともありますが、

過去に28回進出した新人戦の準々決勝では

なんと27回勝利しており、ここ一番の勝負強さが光ります。

                                                               

ただ、優勝となると、2009年以来遠ざかっています。

こちらも意外なデータです。        nacker

write:

2017.09.28(木) 16:27

夏~秋に2つの公式戦

こんにちは(^O^)

今回から小出しで、和歌山の高校野球に関する

ややマニアックな記録やお話を

紹介していこうと考えています♪

                                                                   

夏の選手権を終えると、3年生は引退し、

1、2年生の新チームが始動します。

そして、翌春のセンバツ出場へ向けて

秋の公式戦に挑むことは、

多くの方がご存知かと思います。

                                                          

vczoquwdiofveihddviohhfodiofdpdfkfddf.jpg

                                                             

その中で、

和歌山は他の都道府県とは違い、

「県下高校野球新人戦」と

「秋季近畿地区高校野球大会」の県予選という

2つの公式戦が行われます。

                                                                

まず、新人戦には

新チームの1、2年生部員が出場。

ベスト4に入れば

秋季近畿地区高校野球大会県一次予選への

参加が免除され、

(ベスト8扱いの)秋季県二次予選へ

進むことができます。

つまり、県8強へ一気にシードされるわけです。

                                                                

また、新人戦でベスト4に入れなくても

秋季県一次予選で勝ち進んで

ゾーンを突破すれば県二次予選に進出できます。

それが合計4校。

                                                           

つまり、二度にわたって、

秋季県二次予選進出のチャンスがあるわけです。

(まあ、加盟校数が少ない和歌山だからこそ

この時期に2つの公式戦開催が可能なんですけどね^_^;)

                                                                  

pelwruofdofpivofjfihdofiodjjigfopdfokfd.jpg

                                                                   

例年、新人戦が始まる8月20日頃から

秋季県二次予選が終わる10月の第2週あたりまで、

短期間で2つの公式戦があって、

大会運営に関わる方々は週末を中心に

とても忙しい日々を送ることになります。

                                                                          

その秋の県予選も

二次予選進出の8校が出揃い、

明後日から

近畿大会出場に向けた戦いが行われます。    nacker

write:

2017.09.06(水) 15:40

楽しかった甲子園取材

こんにちは!

たいへんご無沙汰しております。

                                      

今夏の思い出は

やはり甲子園取材!

                                                

oierviopwefoijveoeoefiofjiofdfddfffff.jpg

                                                        

売店で買った

                                                               

johjkfojkiovfokflklfdjnkfoklfdlkdffdf.jpg

                                                  

甲子園幕の内♪

それに

                                              

hfreueufioheihoweiooiediooiddd.jpg

                                                     

大会関係者や報道陣らが利用する食堂「蔦」の

黒カレー大盛り♪

                                                    

実に楽しい

甲子園取材でした!           nacker

                                                 

(ちゃんと仕事もしてますので・・

詳しくはhttps://www.facebook.com/telewaka.baseball

をご覧ください)

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る