アナウンサーブログ

2017.09.06(水) 15:26

鼻の下がハゲないなんて!(びん附け油)

sato1708.jpgこんにちは。

このところ、暑さも和らぎ、過ごしやすくなりましたね。

暑い日には、鼻の下に汗をかき、そこだけヒゲのように化粧が剥げて困っていた私...。

 

そんな時、ナレーションを担当した台本に目が釘付け!

「顔に汗が出ず、化粧もくずれない...」

もちろん、個人差はあるかと思いますが、担当のOディレクター(写真)に取材内容を聞きました。

 

和歌山市で化粧品の製造、販売を行っている株式会社シマムラのびん附け油。

175年も前から作り続けられているという、このびん附け油を

厚生労働省の「現代の名工」に選ばれた職人が手作業で作っている様子を取材したというのです。

 

びん附け油は、溶かした木蝋と植物油を練り固めたもので、

力士の髪を結う時や歌舞伎役者の化粧下地に使用するものとして知られていますが、

製造には、温度や配合など、職人の勘や経験が必要です。

(何しろ、部屋の冷房をつけただけで、作業スピードを変えないといけないのです)

 

また、硬さによって整髪用と化粧下地用とに分かれていて、私は

10段階ほどある中から、2番目に軟らかい物を使用させてもらいました。

 

とりあえず、鼻の下と頬の毛穴の部分に塗ってみたのですが、

これが半日たっても化粧が溶けないままで、大満足!

オリーブオイルを使ったシマムラさんのハンドクリームも試してみました。

 

デスクの上に並べたハンドクリームの数に仰天された方も多いかと思いますが...

(雑多な紙類は後ろでタイムチェックをしている中村アナの机上のものです!)

 

スタジオでは、指サックは付けられません...

香水をつけている日は無臭のものを、カメラに向かって見せる物がある日は手がきれいに見えるものを、気分転換によい香りのものを、などと使い分けています。

 

シマムラさんのクリームは全くべたつかず、塗った後も手を撫でていたい気分になりました。

和歌山にはこんな企業があったのかと、何だか嬉しくなってしまいました。

これからも長く作り続けていったほしいものです。

 

シマムラさんのびん附け油は、9月17日(日)午前8時30分から「わかやまビズサーチ」で放送します。

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る