アナウンサーブログ

2017.09.28(木) 16:27

夏~秋に2つの公式戦

こんにちは(^O^)

今回から小出しで、和歌山の高校野球に関する

ややマニアックな記録やお話を

紹介していこうと考えています♪

                                                                   

夏の選手権を終えると、3年生は引退し、

1、2年生の新チームが始動します。

そして、翌春のセンバツ出場へ向けて

秋の公式戦に挑むことは、

多くの方がご存知かと思います。

                                                          

vczoquwdiofveihddviohhfodiofdpdfkfddf.jpg

                                                             

その中で、

和歌山は他の都道府県とは違い、

「県下高校野球新人戦」と

「秋季近畿地区高校野球大会」の県予選という

2つの公式戦が行われます。

                                                                

まず、新人戦には

新チームの1、2年生部員が出場。

ベスト4に入れば

秋季近畿地区高校野球大会県一次予選への

参加が免除され、

(ベスト8扱いの)秋季県二次予選へ

進むことができます。

つまり、県8強へ一気にシードされるわけです。

                                                                

また、新人戦でベスト4に入れなくても

秋季県一次予選で勝ち進んで

ゾーンを突破すれば県二次予選に進出できます。

それが合計4校。

                                                           

つまり、二度にわたって、

秋季県二次予選進出のチャンスがあるわけです。

(まあ、加盟校数が少ない和歌山だからこそ

この時期に2つの公式戦開催が可能なんですけどね^_^;)

                                                                  

pelwruofdofpivofjfihdofiodjjigfopdfokfd.jpg

                                                                   

例年、新人戦が始まる8月20日頃から

秋季県二次予選が終わる10月の第2週あたりまで、

短期間で2つの公式戦があって、

大会運営に関わる方々は週末を中心に

とても忙しい日々を送ることになります。

                                                                          

その秋の県予選も

二次予選進出の8校が出揃い、

明後日から

近畿大会出場に向けた戦いが行われます。    nacker

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る