アナウンサーブログ

2018年2月

2018.02.25(日) 18:46

春はそこまできている!きているぞ・・・!

こんばんは!

  

平昌五輪で日本のメダルラッシュ!

岩﨑も毎日感動させてもらってます...

みなさん如何お過ごしでしょうか!

  

寒い日が続いていますが

岩﨑は活動的に動いています!

  

*マエオカテツヤの日々良好*

  

-家具のあづまさん(紀の川市)-

  

12月は紀の川市の家具のあづまさんから

桐箪笥の特売についてお伝えしました^^

後日代表の東福太郎さんから

「中継を見たというお客様が

   桐箪笥を2本購入して頂きました。

   フレッシュな中継スタッフのみなさんの

   おかげです!」

とのメッセージを頂きました。

  

見ている方の反応がダイレクトに

返ってくるということは

あまりないので、実際に「届いている」と

感じられるのは、有り難いですね...!

  

  F58CA7C1-724A-42FB-8A44-8ABF13B69A28.jpeg

  

-みちしおの湯(日高町)-

  

2月は日高町が埼玉県和光市で行われた

「ニッポン全国鍋グランプリ2018」で

「本場和歌山県日高町の天然クエ鍋」が

金の鍋賞を受賞したということで

日高町のみちしおの湯にて

日高町の松本町長、日高商工会会長に

受賞の感想などを伺いました!

みちしおの湯も気持ちよかった〜〜

  

  6E576BCD-A45D-42BA-8687-3EA13E4ABC9D.jpeg

  

*亡きペットを羊毛フェルトと共に...*

  

特別番組は1月1日に

2018年 新春特別番組 

紀州 和歌山の宝 再発見〜序の巻〜に出演。

岩出市で今は亡き愛するペットを

羊毛フェルトでメモリアルとして

残す活動を続ける前田さんを特集。

趣味が高じて作品作りを始め、

今ではSNSを通じて海外からも

注文があるそうです。

本当に精巧に作られていました...!

  

*オフもアクティブに!*

  

オフも大阪の繁昌亭に落語を見に行ったり、

  

  27F3B5EF-6796-4E79-A670-2232455BA883 (1).jpeg

  

なおきさんが応援団長を務める

堺ブレイザーズの応援に行かせてもらったり、

  

  8F6D9D89-5615-499B-8AC4-69B415E24D90 (1).jpeg

大学の友人に会いに

宮崎県へひとっ飛びしたりと、

オフも動き回ってます!

  

  D12C6ACB-7FB7-4209-A568-38DF02905E93.jpeg

 

  756F1590-E70E-4067-B059-4443DEB64160 (2).jpeg

  

*婦人バレーボール選手権大会へ向け始動!*

さ、平昌五輪に沸いた日本ですが、

県内でも綱引き大会、ジュニア駅伝競走大会では

海南市が3連覇を果たすなど、スポーツが

盛んな1月、2月でした。

そして4月1日に

WTV旗争奪婦人バレーボール選手権大会が

行われるということで、県内では

支部予選が行われています!

東牟婁支部はガイアが、

那賀支部は根来クラブが

本選出場を決めました!

岩﨑も3月に行われる予選を取材に

東西奔走する予定ですので、

お会いした時はひとつお声かけください^^

  

474335FE-8A5E-4B27-AC65-2012F3DB1C55 (1).jpeg

write:

2018.02.22(木) 15:52

「おおやさ」って何ですか?

sato1802.png

和歌山市の漁師町として知られる雑賀崎地区に伝わるよもぎ団子。

明治時代から100年以上も親しまれている雑賀崎の味ですが、

現在、「おおやさ」を売っているのは、84歳の池田さんが営む池田商店のみです。

 

漁港前から、歩行者2人がすれ違えるぐらいの細い路地に入るとすぐに

池田商店の看板があります。

 

ロケハンで初めて訪れた際、この看板を見て何だかほっとしました。

縦横に走るこの路地をどこまで行ったらよいのか、迷子になるのではないかという不安がないから・・・

 

寿司・弁当屋のはずなのに「おおやさ」を販売しているのは、お客さんに頼まれたからということで、池田さん自身は「おおやさ」を食べたことはあっても作ったことは無かったそうです。

 

黒砂糖と白砂糖と蜂蜜を混ぜたたれによもぎ団子をくぐらせ、きな粉をまぶすと「おおやさ」の出来上がり!池田さんの手際のよさが目を引きます。

 

池田さんやその友人と一緒に店のコタツに入り、いただくことで、もちっとした団子の歯ごたえと、きな粉の中の塩が余計に懐かしさを感じさせます。

 

撮影当日、三角巾をきりっと身につけて待っていてくれた池田さん。

時折見せる笑顔が清清しく、いそいそと立ち働く姿に祖母の面影を重ねてしまいました。

 

雑賀崎をネットで検索すると、

日本のアマルフィー海岸などとも出てくるよう、

池田さんの家も「数十段ほど上らないといけない」そうで、

撮影終了後、細い道を歩いていく後ろ姿を見送りながら

ちょっぴり寂しくなり、また来ようと思いました。

 

池田商店は火曜定休、午前8時から午後4時までです。

 

 

 

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る