アナウンサーブログ

2018.02.22(木) 15:52

「おおやさ」って何ですか?

sato1802.png

和歌山市の漁師町として知られる雑賀崎地区に伝わるよもぎ団子。

明治時代から100年以上も親しまれている雑賀崎の味ですが、

現在、「おおやさ」を売っているのは、84歳の池田さんが営む池田商店のみです。

 

漁港前から、歩行者2人がすれ違えるぐらいの細い路地に入るとすぐに

池田商店の看板があります。

 

ロケハンで初めて訪れた際、この看板を見て何だかほっとしました。

縦横に走るこの路地をどこまで行ったらよいのか、迷子になるのではないかという不安がないから・・・

 

寿司・弁当屋のはずなのに「おおやさ」を販売しているのは、お客さんに頼まれたからということで、池田さん自身は「おおやさ」を食べたことはあっても作ったことは無かったそうです。

 

黒砂糖と白砂糖と蜂蜜を混ぜたたれによもぎ団子をくぐらせ、きな粉をまぶすと「おおやさ」の出来上がり!池田さんの手際のよさが目を引きます。

 

池田さんやその友人と一緒に店のコタツに入り、いただくことで、もちっとした団子の歯ごたえと、きな粉の中の塩が余計に懐かしさを感じさせます。

 

撮影当日、三角巾をきりっと身につけて待っていてくれた池田さん。

時折見せる笑顔が清清しく、いそいそと立ち働く姿に祖母の面影を重ねてしまいました。

 

雑賀崎をネットで検索すると、

日本のアマルフィー海岸などとも出てくるよう、

池田さんの家も「数十段ほど上らないといけない」そうで、

撮影終了後、細い道を歩いていく後ろ姿を見送りながら

ちょっぴり寂しくなり、また来ようと思いました。

 

池田商店は火曜定休、午前8時から午後4時までです。

 

 

 

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る