アナウンサーブログ

2018.08.03(金) 20:54

和歌山の夏、100回目

こんばんは!
「暑い」という言葉も
言う気がなくなるほどの厳しい暑さが
続いていますが、みなさまは
体調を崩されていないでしょうか。
気温や湿度が高い日が続くと
食中毒の発生も考えられるということなので
この時期は食品管理にも
十分にご注意ください!

さて、暑い夏、熱い夏といえば、
夏の甲子園出場をかけた
選手権和歌山大会が先月
智辯和歌山の連覇という形で
幕を閉じました。

 

 
今大会は100回大会ということで、
県内全ての硬式野球部員による
「W100」の人文字を空から撮影したり、
選手権大会に出場された
元高校野球球児による始球式など、
様々な催しが行われました。

  
また、今年の和歌山大会では
「野球への関心を高めてほしい」との
和歌山県高校野球連盟の想いから、
試合中、客席に入ったファールボールは
持ち帰ることができるという企画もあり、
連日球場にはグローブを手にした
野球少年の姿も多くみられ、
期間中も大いに盛り上がりました。

  

私も、今年は
「開会式直前のシード校インタビュー」
「めざせ甲子園高校野球ハイライトMC」
そして、、、
就職活動時代、その昔は野球少年時代からの
将来の夢「アナウンサー」、更にその先の
目標に掲げていた「高校野球実況」の
第一歩、デビューを果たしました!

 

  IMG_0368.JPG

 

実際見るのとお伝えするのとでは
思っていた以上に連動しないと感じながらも
隣で中村隆之アナウンサーに
支えてもらいながら、解説の
大畠和彦さん、佐藤元信さんに
合いの手を打ってもらいながら、
放送を終えることができました。
感謝しかありません。。。

  

*選手権和歌山大会 シード校インタビュー*

去年から担当しているシード校インタビュー、
今年は春の県大会ベスト4の
智辯和歌山、市立和歌山、向陽、初芝橋本の
キャプテンにインタビュー。

 

  IMG_0361.JPG

  

各校の主将からは「私達は挑戦者」
「一戦一戦大事に・丁寧に」
とういう言葉がありました。
その言葉通り、今大会は
決勝戦の試合展開に代表されるように
どちらが次のステージ・ヤグラに
駒を進めるのか分からない試合が
数多くありました。


相手校に敬意を払いつつも、
自分達は悔いが残らないように、全力で
プレーする姿は、高校野球の醍醐味であり、
美しさだと思います。
そして、このシード校の中で、
市立和歌山の安永主将は
この後行われた開会式で選手宣誓行い、
「高校野球を愛してやまない方々が
大正、昭和、平成と時代を繋いでくださり、
迎えた100回目の夏。
人生で一度きりのこの夏、
私達は野球ができる喜びを噛み締め、
高校野球を支えてくださった方への
感謝を胸に、仲間を信じて全力でプレーすることを

誓います」と、力強く宣誓しました。

*めざせ甲子園高校野球ハイライトMC*
去年からチームめざせ甲子園に加入し、
準々決勝からスタンドリポートを
担当いたしましたが、
今年はMCを務めることになりました!

  

  IMG_0367.JPG

  

試合前の監督の談話、試合後の
選手のコメントなどを伺ったり、
自分なりの見どころを考えたり、
公式スコアとにらめっこしながら
ランニングスコアでの振り返りポイントを
絞ったりしていました。
準々決勝で惜しくも敗退したキャプテンは、
「僕らのチームは人数が多いから
 試合に出られなかったメンバー
 ベンチに入れなかったメンバーにも
 ありがとうと伝えたいです。」と話し、
試合後も背番号の大きな選手に
声をかけていて、改めて、レギュラー・
スターティングメンバーの選手も
色々な想いを抱えながら
グラウンドに立っているんだなと
感じた瞬間でした。
  
熱闘の和歌山大会も終わり、
8月2日、選手権記念大会の
抽選会が行われ、県代表の智辯和歌山の
対戦相手は滋賀県代表の近江高校に
決まりました。
智辯和歌山対近江の試合は大会3日目、
日程が順調に進めば今月7日の第2試合で
対戦します。
智辯和歌山のみなさんには
県大会の勢いをそのままに
持ち味を発揮してもらいたいなと思います!
  
長くなりましたが、最後に、
暑い日が続いています。
これから甲子園に応援に行かれる方は
紀三井寺以上に厳しい暑さが予想されます。
熱中症対策は万全にして、
水分、塩分をこまめにとって観戦を
楽しんでください^^

  IMG_0234.jpg

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る