アナウンサーブログ

2018.11.19(月) 11:15

この秋の取材から

sato1803.jpg

幼い頃、「人は亡くなって50年経ったら、もうご先祖様なんだよ」と

伯父がよく言っていましたが、この秋の湯浅町での取材では、

それを強く感じました。

 

明治に入って間もない時期に亡くなった江戸時代の人物には

当然ながら誰も会ったことがなく、

彼の存在を身近に感じられる人はもういませんでした。

しかし、彼が手がけた石碑や橋は、県や市の指定文化財となって今も残っていて、地元の人なら、知らない人はいないほど有名なのです。

彼の名は石屋忠兵衛。

 

江戸時代後期、湯浅で石工をしていた忠兵衛は、

日本遺産「絶景の宝庫 和歌の浦」を構成する文化財のひとつ、
不老橋の勾欄部分(和歌山市)、

また、同じく日本遺産「醤油醸造の発祥の地 紀州湯浅」の地にある
「大地震津なみ心え之記碑」を手がけたとされています。

 

彼に関する資料はほとんど無く、なぜ、和歌山の石工ではなく、遠方に住む湯浅の石工が不老橋を手掛けたのかを知りたくて、湯浅町を訪れました。

 

平たく言えば、採算が合わない上、元藩主の命ということで失敗ができないことから、皆がなかなか手を挙げられなかった中、忠兵衛が手を挙げたのだろうというのが答えでしたが、

忠兵衛のことをよく知っていたという方は、40年以上も前に亡くなっていました。

 

放送に際し、インタビューを受けてくださった忠兵衛の孫の孫にあたる方に巡りあえるまで、実は、間に3人の方が入り、協力してくださいました。

にこやかな笑顔と共に現れたその人を見て、
忠兵衛もこんな人だったのだろうと、勝手に想像してしまいましたが、

歴史のある町で、多くの方々のご協力あっての取材はとても楽しく、勉強になりました。

 

来年もこんな取材ができますように...と、もう年末のような調子ですが、残り少なくなった今年も、もうひと頑張りです。

何を書いてよいのかわからず、久し振りの更新となりましたが、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る