アナウンサーブログ

2019.01.24(木) 16:21

人生初!古墳に入る!

今年最初の取材は、古墳でした。

 

和歌山市の県立紀伊風土記の丘周辺の山には、

約850基もの古墳が群集する岩橋千塚古墳群があります。

風土記の丘で開催中の企画展「岩橋型横穴式石室のはじまり」に

展示されている須恵器が出土した大谷山22号墳を案内してもらいました。

 

途中、立ち寄った古墳(大日山35号墳)は木を抜くなどの整備が済んでいて、きれいな前方後円墳の形がはっきりとわかりました。

石室は、普段は鉄の扉で閉められています。

山の上なので、景色もばっちりです。

 sato1902.jpg

ところが、目的地の大谷山へは道もなく、木々の間を縫うように進みます。

目印になるオレンジ色のテープが所々の枝についていて、

ヘンゼルとグレーテルの世界に入り込んだような気持ちになりました。

(帰りはテープを見失うハプニングも...)

 

やっと見えてきた小さな穴!

入口の半分以上が土砂に埋もれた状態の石室に

慣れた様子で入っていくスリムな学芸員さん。

お腹がつかえたらどうしようかと思いましたが、後ろ向きで入った為、

つかえたのは背中でした...(何となく恥ずかしさ半減)

 

真っ暗な石室は、

明かりを向けると石の表面についた水滴がきらきらと光り、

半貴石ではないかと思うほどきれいでした。

 

天井を支える石梁がこの地域の古墳の特徴ということでしたが、

私の視線は遺体が横たわっていたはずの床に...

 

入口の方に頭があったら、入った瞬間、「こんにちは」だよな~

などという考えが頭をよぎったのですが、

当時は扉石で入口が閉められていた上、

今は、遺体は既に土に還っているので、そんなことはあるわけもなく、

動物の足跡でいっぱいの地面を見つめるだけでした。

 sato1901.jpg

上段 左 石室入口

   右 入口(内部より)

下段 左 天井を支える為の石梁

   右 大谷山22号墳 墳丘(石室の上)



企画展は3月3日(日)までです。

岩橋型横穴式石室の特徴をパネルで紹介しているほか、埴輪などの出土品が並べられています。

大谷山22号墳は公開されていませんが、将軍塚古墳などには入れます。

企画展と古墳めぐり、セットでどうぞ!

 

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

安藤 万結

私のモットーは、「If you can dream it, you can do it.(夢見ることができるなら、それは叶えられる) 」というウォルト・ディズニーの言葉です。和歌山という素敵なところで、夢であったアナウンサーのスタートラインに立つことができました。全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします!

TOPへ戻る