アナウンサーブログ

最新のブログ

2017.09.29(金) 16:11

県内初の4者連続アーチ

さらに、こんにちは(^O^)

                                                               

近畿大会出場、

そしてセンバツ出場に向けての戦い、

「秋季近畿地区高校野球大会県二次予選」が

いよいよ明日から紀三井寺公園野球場で行われます。

                                                        

秋季県二次予選進出は、

新人戦でベスト4入りした

箕島(2年連続38回目)

和歌山東(4年連続5回目)

智辯和歌山(17年連続31回目)

星林(5年ぶり19回目)と、

秋季県一次予選から勝ち上がった

和歌山南陵(初)

近大新宮(3年ぶり6回目)

高野山(6年連続10回目)

日高中津(2年ぶり11回目)の計8校です。

※カッコ内は秋季県二次予選進出回数

                                                             

pfljluifkdjikfdihdfijfdiojfdkfdjidfhijufd.jpg

                                                          

和歌山南陵は、24日に行われた

秋季県一次予選のゾーン代表決定戦で

市和歌山に勝利!

                                                

逆転を許した直後の8回裏、

県内公式戦では史上初となる4者連続ホームラン

(1番山﨑選手、2番藏屋選手、3番山田拓選手、4番中山選手)

鮮やかに再逆転しました。

                                                         

(一財)和歌山県高校野球連盟の記録部に確認すると、

県内公式戦での3者連続ホームランは

過去に1回だけありました。

1999年夏(第81回選手権和歌山大会)の

1回戦「粉河-向陽」で6回裏、

粉河の2番、3番、そして5番打者が

ホームランを放っています。

※4番打者は四球だった為、連続扱いに

                                                      

ojkiehifdhisduifdygdfoidshdsifdiudoid.jpg

                                                               

勢いに乗る和歌山南陵。

明日の秋季県二次予選1回戦では

強豪の智辯和歌山と対戦します。

創部2年目ですが、昨夏、今春、今夏に続き、

公式戦では早くも4回目の対決です。    nacker

write:

2017.09.29(金) 14:56

新人戦でのデータ

こんにちは(^O^)

昨日に続いて、高校野球の話題を♪

                                                      

ehrjegrujifdhifdgfdidfifdihfdihfdugvfif.jpg

                                                                            

先の「県下高校野球新人戦」では

箕島が延長10回サヨナラで

和歌山東を下して優勝しました。

〈写真は後輩I氏撮影〉

                                                        

箕島の新人戦優勝は意外にも27年ぶりで、

その時は、林孝哉遊撃手や山路剛弘投手らを擁し、

翌春のセンバツに出場しました。

                                                         

jertioreklhuijufjhgfjiodfihfdipojfdfd.jpg

                                                    

智辯和歌山は準決勝で箕島に敗れはしたものの、

4強入りしたことで

17年連続の秋季県二次予選進出。

以前に当ブログで紹介したこともありますが、

過去に28回進出した新人戦の準々決勝では

なんと27回勝利しており、ここ一番の勝負強さが光ります。

                                                               

ただ、優勝となると、2009年以来遠ざかっています。

こちらも意外なデータです。        nacker

write:

2017.09.28(木) 16:27

夏~秋に2つの公式戦

こんにちは(^O^)

今回から小出しで、和歌山の高校野球に関する

ややマニアックな記録やお話を

紹介していこうと考えています♪

                                                                   

夏の選手権を終えると、3年生は引退し、

1、2年生の新チームが始動します。

そして、翌春のセンバツ出場へ向けて

秋の公式戦に挑むことは、

多くの方がご存知かと思います。

                                                          

vczoquwdiofveihddviohhfodiofdpdfkfddf.jpg

                                                             

その中で、

和歌山は他の都道府県とは違い、

「県下高校野球新人戦」と

「秋季近畿地区高校野球大会」の県予選という

2つの公式戦が行われます。

                                                                

まず、新人戦には

新チームの1、2年生部員が出場。

ベスト4に入れば

秋季近畿地区高校野球大会県一次予選への

参加が免除され、

(ベスト8扱いの)秋季県二次予選へ

進むことができます。

つまり、県8強へ一気にシードされるわけです。

                                                                

また、新人戦でベスト4に入れなくても

秋季県一次予選で勝ち進んで

ゾーンを突破すれば県二次予選に進出できます。

それが合計4校。

                                                           

つまり、二度にわたって、

秋季県二次予選進出のチャンスがあるわけです。

(まあ、加盟校数が少ない和歌山だからこそ

この時期に2つの公式戦開催が可能なんですけどね^_^;)

                                                                  

pelwruofdofpivofjfihdofiodjjigfopdfokfd.jpg

                                                                   

例年、新人戦が始まる8月20日頃から

秋季県二次予選が終わる10月の第2週あたりまで、

短期間で2つの公式戦があって、

大会運営に関わる方々は週末を中心に

とても忙しい日々を送ることになります。

                                                                          

その秋の県予選も

二次予選進出の8校が出揃い、

明後日から

近畿大会出場に向けた戦いが行われます。    nacker

write:

2017.09.06(水) 15:40

楽しかった甲子園取材

こんにちは!

たいへんご無沙汰しております。

                                      

今夏の思い出は

やはり甲子園取材!

                                                

oierviopwefoijveoeoefiofjiofdfddfffff.jpg

                                                        

売店で買った

                                                               

johjkfojkiovfokflklfdjnkfoklfdlkdffdf.jpg

                                                  

甲子園幕の内♪

それに

                                              

hfreueufioheihoweiooiediooiddd.jpg

                                                     

大会関係者や報道陣らが利用する食堂「蔦」の

黒カレー大盛り♪

                                                    

実に楽しい

甲子園取材でした!           nacker

                                                 

(ちゃんと仕事もしてますので・・

詳しくはhttps://www.facebook.com/telewaka.baseball

をご覧ください)

write:

2017.09.06(水) 15:26

鼻の下がハゲないなんて!(びん附け油)

sato1708.jpgこんにちは。

このところ、暑さも和らぎ、過ごしやすくなりましたね。

暑い日には、鼻の下に汗をかき、そこだけヒゲのように化粧が剥げて困っていた私...。

 

そんな時、ナレーションを担当した台本に目が釘付け!

「顔に汗が出ず、化粧もくずれない...」

もちろん、個人差はあるかと思いますが、担当のOディレクター(写真)に取材内容を聞きました。

 

和歌山市で化粧品の製造、販売を行っている株式会社シマムラのびん附け油。

175年も前から作り続けられているという、このびん附け油を

厚生労働省の「現代の名工」に選ばれた職人が手作業で作っている様子を取材したというのです。

 

びん附け油は、溶かした木蝋と植物油を練り固めたもので、

力士の髪を結う時や歌舞伎役者の化粧下地に使用するものとして知られていますが、

製造には、温度や配合など、職人の勘や経験が必要です。

(何しろ、部屋の冷房をつけただけで、作業スピードを変えないといけないのです)

 

また、硬さによって整髪用と化粧下地用とに分かれていて、私は

10段階ほどある中から、2番目に軟らかい物を使用させてもらいました。

 

とりあえず、鼻の下と頬の毛穴の部分に塗ってみたのですが、

これが半日たっても化粧が溶けないままで、大満足!

オリーブオイルを使ったシマムラさんのハンドクリームも試してみました。

 

デスクの上に並べたハンドクリームの数に仰天された方も多いかと思いますが...

(雑多な紙類は後ろでタイムチェックをしている中村アナの机上のものです!)

 

スタジオでは、指サックは付けられません...

香水をつけている日は無臭のものを、カメラに向かって見せる物がある日は手がきれいに見えるものを、気分転換によい香りのものを、などと使い分けています。

 

シマムラさんのクリームは全くべたつかず、塗った後も手を撫でていたい気分になりました。

和歌山にはこんな企業があったのかと、何だか嬉しくなってしまいました。

これからも長く作り続けていったほしいものです。

 

シマムラさんのびん附け油は、9月17日(日)午前8時30分から「わかやまビズサーチ」で放送します。

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る