アナウンサーブログ

佐藤瑞穂

2016.06.29(水) 17:48

新しょうがのハウスに行って来ました!

sato1605.jpg

昨日は、ライブDO中継のディレクターとして、和歌山市内にある新しょうがのハウスに行って来ました。

160センチほどに伸びたしょうがの茎に、リポーターの中元さんも私もびっくり!

 

ハウスでは、収穫作業に大忙しで、生産者の方が短く茎を切ったしょうがを機械で掘り起こしていました。

 

「この機械、確か、何とかライダーという名前ですよね?」

「これ?芋ほり機やで~!」

「・・・」

 

子どもの頃、土産にもらったサトウキビを噛んだことを思い出し、

中元さんと一緒に切り落とされた茎の先を噛んでみました。

「弱いしょうがの香りがする水」というのが私の感想です。

 

ハウスでは、JAわかやまの「生姜丸しぼり 和歌山ジンジャーエール プレミアムアイス」も試食しました。

冷たくて甘いけれど、食べているうちにしょうがの粒が

のどを熱くする、そして、和歌山の方ならおなじみの、

あの緑色のソフトクリームと同じ舌触りのアイスでした。

JA直売所などで販売しているそうです。美味しかったです。

 

中継終了後、ハウスがずらりと並ぶ道を駐車場まで歩いていると、

近くの民家から女性の大きな声が!

「えーっ!どこのハウスでアイス食べてるん?え?どこ?」

こんなところが和歌山らしくて好きです。

write:

2016.05.13(金) 18:06

ツーギー谷のお花畑に行ってきました

sato1602.jpgsato1604.jpgsato1603.jpg

こんにちは。

一昨日、広川町にあるツーギー谷のお花畑に中継ディレクターとして行って来ました。

元は耕作放棄地だった場所が、地元の方やボランティアの方によってお花畑としてよみがえり、一面にラベンダーやオルレアなどを咲かせていました。

(カメラマンが機材の設置をしている間に)早速、リポーターの五十嵐さんと共に、お花畑で収穫したカモミール茶、ミント茶、そしてお花畑にある桜の花を使った米粉のシフォンケーキをいただくと、何だかほっとしてしまい、つい、中継のことを忘れそうになりましたが、なかなかそうもいきません(その証拠にあまり写真がない・・・)。


帰宅後、お土産にいただいたカモミールの花を湯船に浮かべてみました。

いわゆるバラ風呂のようにしたかったのですが、後の掃除のことを考え、ネットに詰めての入浴となりました。

生まれて初めてのカモミール風呂は、甘い香りの贅沢な湯でした。



津木地区の方々にはこんなにも、おもてなしいただき、とても感謝しています。

二日たった今も、まだ心が温かいままです。

write:

2016.01.13(水) 15:18

手袋はオンのスタート

sato1601.jpg

こんにちは。今年に入って初めての投稿です。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

早速ですが、写真は今年の福袋でゲットしたお気に入りの手袋です。

 

私にとって、オフからオンへの切り替わりは出勤時にドライビング手袋をはめる時(写真の手袋とは違います)。

 

たまたまですが、9割以上の割合で左手用を先に取ってしまい、『今日も左手からか~。日差しが多い右手からじゃないと日に焼けちゃうのよね~・・・』と内心、舌打ちをすることになります(決して、そんなことはないと思うのですが・・・)。

 

そこで、気を取り直し、『中学校の時、剣道部の先生が、(防具の)小手は左手から付けるものって言っていたからこれでいいのよ!』と自らを慰めて出発です。

 

でも、なぜ、左手からなのかということはずっと心に引っかかっていました(深く考えたことがありませんでした)。

 

剣道では、左手の外側3本の指に力を入れて竹刀を持つと習ったので、それを守る為なのかと思っていたのですが、〇十年近くたった今朝、突然、別の答えが思い浮かびました。

 

登校する子どもが、毛糸の手袋をつけたまま面ファスナー(マジックテープ等)の付いた靴を履こうと苦労しているのを見て、「手袋は後ではめるか、左手からはめた方がいいんじゃないの?」と声をかけたところで、『あれっ?今、私、左手からって言った?』

 

小手を左手からはめるのは、利き手を少しでも長く自由に使えるようにする為?昔も右利きの人が多かったのでしょうか・・・

 

これが正解かどうかはわかりませんが、明日もきっと、どちらの手からはめるのかをチェックしてから一日がスタートするんだと思います。

皆さんはどちらからでしょうか?

write:

2015.12.29(火) 19:00

今年の振り返り&来年の抱負

こんばんは(^O^)

中村です。

2015年もあとわずかですね。。。

                                                                              

tvwann.jpg

                                                                            

テレ和歌のアナウンサー陣に

過ぎ行く2015年を振り返ってもらい、あわせて

間もなく来る2016年の抱負も語ってもらいましょう♪

                                                                                 

oenvffddff.jpg

                                                                              

まずは、制作部の山田みゆきアナから。

長いアナウンサー生活の中で、今年は特に心に残る仕事に出会えた1年でした。2016年は、テレビ和歌山で25年目!四半世紀です!何か節目を記念するような事にチャレンジしたいなと思っています。

                                                                                   

ifkreedfdf.jpg

                                                                                

次に、報道部の佐藤瑞穂アナです。

『あなたが成長する姿を見て、私はもう1回青春しているのよ!』

今年は、例年通りの仕事をしていても、いつもとは違う内容になったと感じられる年でした。「仕事の奥行き」を広げた年とでもいうのでしょうか。

最初に挙げた言葉は、昔、私が母に言われた言葉です。

そして今、私はちょっぴり成長した自分の子どもを通して出会える人や物事に影響を受け、学び、それが仕事に反映され・・・といった具合に人生を楽しんでいます。

入社してから何年もたつと、教えてもらう機会は少なくなりますが、人生の先輩が教えてくれることは、仕事に限らず大事にしたい・・・

そう思っています。

来年もこの姿勢を崩さず、仕事の奥行きとともに幅を広げていきたいと思います。

                                                                                         

fwejddd.jpg

                                                                                       

続いて、報道部の瀬村奈月アナです。

『今年はスポーツの年!!』

高校サッカーに始まり、高校サッカーに終わる。

スポーツが大好きになりました。

1月 高校サッカー(全国)、綱引

2月 ジュニア駅伝

4月 ママバレ

7月・8月 高校野球

9月・10月 紀の国わかやま国体、大会

11月 高校ラグビー、高校サッカー(県予選)

12月 高校サッカー(全国)

色んなスポーツ、色んな選手の皆さんにお話を伺うことができ、感動の瞬間に立ち合うことができました。

来年は私ももっともっと成長できるよう、色んなことにチャレンジしていきまーす☆

                                                                                

ofewddd.jpg

                                                                                         

最後に私、報道部の中村隆之から。

今年も「三日坊主」に終わることがとても多かった(-_-)せめて「ひと月坊主」くらいになれるよう。あと、「簡潔」「明瞭」を他人には求めているくせに、自分がくどかったりするので、シンプルを追求したいです。まあ、まずは当ブログの文量を減らすこと・・ですかね^_^;

                                                                                                                                                            

weijsddsds.jpg

                                                                          

それでは、よいお年をお迎えください。     nacker

2015.10.07(水) 15:48

頑張っている人

sato1512.jpg

紀の国わかやま国体が終わりました。

和歌山県が天皇杯を獲得できて、本当によかったですね。


閉会当日の番組でもお伝えしましたが、育児・家事・仕事をこなしながら練習を続け、21回目の国体出場で再び優勝を勝ち取ったなぎなたの山本千代選手にパワーをもらいました。


試合を見に行くことはできなかったのですが、何度も何度も国体の公式ホームページを開いては勝ち進んでいる様子をチェックしていました。

山本選手の頑張る姿を見て、目の前に壁が立ちはだかった時も、何かを諦めなくていいんだ!と思える人はきっといる・・・というのは、私のことです。

もちろん、私の想像以上に努力を重ねられたのだとは思いますが、尚且つ、結果も出せたというのが一流の証拠なんでしょうね・・・。


さて、先日、思いがけなくお手紙をいただきました。

夢を諦めずに追い続けている人をもう一人ご紹介します。

和歌山市在住のアーティスト、イラストレーターのkadenさんです。

kadenさんは和歌山市内で働きながら絵の勉強を続けられ、この度、東京でグループ展を開催されることになったそうです。旅と自然、郷愁をテーマとした作品を出展されるということですので、お近くの方、もちろん、和歌山からも足を運んでいただけたらと思います。


kadenさんの展覧会

Girlie Exhibition 展 
11月2日(月)~12月11日(金)(日・祝休廊、土は不定休)

12:00-14:30、19:00-0:00

Gallery & Restaurant PINO CHIKA

東京都港区東麻布1-23-6 東麻布ビルB1(東京タワー近く)

write:

カレンダー
アナウンサー
山田 みゆき

明るく優しい気持ちを忘れずに…をモットーにマイペースに過ごしています。

佐藤 瑞穂

クールビューティーと言われたことがあり、かなり嬉しかったのですが、実は極度の恥ずかしがり屋です。これからも頑張ります!

中村 隆之

面倒くさいこと、面倒くさい人は苦手です^_^;

瀬村 奈月

立派なアナウンサーを目指して一歩一歩進む私をどうぞ見守ってください

岩﨑 悠真

“向き不向きより前向きに。”新人らしく、伝え手の道を猛進します!

TOPへ戻る