中野BC会長 中野幸生 氏 (2)

2018年05月12日(土) 放送

第二回 「挑戦① ~清酒をつくる~」

「父 利生さんの思い出」
「60(当時)を超える蔵元への挑戦」
父、利生氏は「清酒の醸造元になりたい」という強い憧れを持っていた。
大きな投資をし、酒造業に参入、当時、利生氏は47歳、命を懸かけた挑戦だった。

改良を続け、利生氏が60歳の時、県内の出荷量の1位に。
創業者の夢は達成された。

「他分野への参入」
全国の酒造業の現況は昭和43年から微減が続いているが、国内では美味しい吟醸や純米酒が人気に、また、日本食がユネスコ無形文化遺産に選ばれてから輸出が伸びている。

  「100年も同じ事業は続かない」との考えから目標は10年ごとにかえてきた。
例えば、30歳代は「いろんな経営者にコツを教えてもらおう」50歳代は「10社で100億の売上」など。

「紀州人物伝~和歌山の産業をリードしてきた人々~」では視聴者の皆様から番組に関するご意見ご感想を募集しております。 皆様からの沢山のご意見お待ちしております。

〒640-8533
テレビ和歌山「紀州人物伝」係

今日の番組 週間番組表

ピックアップ

TOPへ戻る