• HOME
  • フィッシング詐欺防止啓発コーナー クリックするその前に!確認と相談 そのメッセージは大丈夫?

フィッシング詐欺とは・・・

インターネット上で行われる詐欺行為で、クレジットカードやネットバンクなどの正規のサービスになりすましてユーザーからログイン情報等を盗み出す詐欺行為です。

このコーナーでは和歌山県警と県消費生活センターの協力で、多発している「フィッシング詐欺」の防止に向け詐欺の手口を紹介、対処方法や相談窓口などを紹介します。

フィッシング詐欺の多くは「フィッシングメール」と呼ばれるメールを悪用して行われます。
偽のサイトに誘導し、クレジットカードやネットバンク等の情報を入力させようとします。
フィッシングメールには文面やリンク先のページの内容に応じていくつかの種類に分類され、最近ではスマートフォンのメールに特化したものや、facebookやLINEなどのSNSのメッセージ機能を悪用したケースも確認されています。

「情報漏洩事件が多発しているので、新しいセキュリティ対策を導入した」とメッセージが来て、メッセージ中に含まれているリンクからログインするように促されます。ログインするとIDやパスワード情報が搾取されてしまいます

何らかのトラブルで「パスワードを暫定的に変更した」といったメッセージが届き、リンクをクリックしてしまうと、パスワードを再設定する際、IDとパスワードが搾取されます

ECサイトで商品を購入した時に送信される、購入確認のメールを騙りリンク先のフォームに入力するとクレジットカード番号やパスワードなどの情報が搾取されます

受信したメールのリンクをクリックすると、本物とそっくりの偽のWebサイトが表示され、クレジットカードやログイン情報が搾取されてしまいます

(和歌山県警制作)

  • 身に覚えのないメールや添付ファイルは開かない
  • フィッシング詐欺の最新の手口を知っておく
  • 怪しいと思った場合は自分で対処せず、相談すること

不審に思ったらクリックするその前に

警察相談専用電話

または最寄りの警察署へ連絡してください

TOPへ戻る