2018.11.4(日) 午後2:00~3:55 放送

ネバーランド-Finding Neverland-

2004年 アメリカ・イギリス

監督

マーク・フォースター

出演

ジョニー・デップ
ケイト・ウィンスレット
ダスティン・ホフマン

© 2004 MIRAMAX FILM CORP.ALL RIGHTS RESERVED.

空想の旅に出かけませんか。

1903年のロンドン。人気劇作家ジェームズ・バリは、
自信を持って幕を開けた新作が酷評され失意のどん底にいました。
そんななか、偶然にも若き未亡人シルヴィアの一家と出会い
バリの運命は、大きく変わり始めます。
大人でありながら子供のような無邪気さを併せ持つバリとシルヴィアの
子供たちは
すぐに意気投合し、交流を深めるのですが、
4人の子供たちの中で唯一 自分に心を開くことをしない
ピーターにバリは、いつしか幼いころの自分を重ねるようになります。
これが、世界的なヒーロー「ピーターパン」誕生の
きっかけとなるのですが・・・

子供たちとの出会いから、自分自身忘れかけていた
空想の世界を生み出していく劇作家ジェームズ・バリに
「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョニー・デップ。
4人の子供たちを逞しく育てながら、人には言えない秘密を背負った
若き未亡人シルヴィアに「タイタニック」のケイト・ウィンスレット。
バリを支える劇場のオーナーに
ハリウッドの名優ダスティン・ホフマンが演じています。

監督は「チョコレート」「プーと大人になった僕」の
マーク・フォースターです。

世界の誰もが知っている「ピーターパン」が、
この世に誕生するまでを描いたヒューマンドラマの傑作です。

「ピーターパン」は世界のヒーロー。

「ピーターパン」といえば
世界の誰もが知っているヒーローですが、
多くのクリエーターたちもこの世界感を、映像化しています。
日本でもミュージカル作品として長年親しまれてきました。
人が、いくつになっても 忘れてはいけないものを
ピーターパンが、教えてくれているのが、魅力の一つでは
ないでしょうか。

私がお勧めする「ピーターパン」映画の3本

「ピーターパン」(2003)

ピーターパン誕生100周年を記念して製作された作品。
昔から伝えられてきたピーターパンを正調に映画化した作品です。

「フック」(1991)

ピーターパンを映像化することを熱望していた名匠スティーブン・スピルバーグ監督の作品。
ここでは、40歳で大人になったピーターパンを登場させています。
尚、宿敵フック船長を「ネバーランド」でも好演していたダスティン・ホフマンが演じています。

「PAN~ネバーランド 夢のはじまり~」(2015)

「プライドと偏見」「つぐない」の若き天才 ジョー・ライトが描くピーターパン作品。
孤児のピーターが、永遠の少年‘ピーターパン‘に生まれ変わるまでを描いた作品です。

未見の方は、是非DVDをレンタルしてください。

今日の番組 週間番組表

ピックアップ

TOPへ戻る