2019.6.30(日) 午後2:00~3:55 放送

ブロークン・アロー-Broken Arrow-

1996年 アメリカ

監督

ジョン・ウー

出演

ジョン・トラボルタ
クリスチャン・スレーター
サマンサ・マシス

© 1996 Twentieth Century Fox Film Corporation.

ブロークン・アロー発動。消えた核弾頭を探せ!!

核弾頭を積んだステルス爆撃機の軍事演習に勤しむ
アメリカ空軍のディーキンス少佐とヘイル大尉でしたが、
ユタ州の国立公園近くでディーキンスが豹変
ヘイル大佐を襲い、核弾頭を投下させる暴挙にでてしまいます。
爆発する恐れがない設定の核弾頭でしたが、空軍から
ブロークン・アロー・核紛失を示す命令が発動され
ペンタゴンに緊張が走ります。

事件の首謀者ディーキンスは、大金ほしさに計画を実行しますが、
その前に立ちふさがったのは、裏切られた相棒ヘイルでした。

核弾頭を盗み出すディーキンス少佐に
「パルプ・フィクション」「フェイス・オフ」の
ジョン・トラボルタ。
相棒ディーキンスの暴走を阻止するため奮闘するヘイル大尉に
「トゥルーロマンス」のクリスチャン・スレーター。
監督は、「男たちの挽歌」「ミッション・インポッシブルⅡ」の
鬼才ジョン・ウーです。

ジョン・トラボルタが放つ悪の魅力を全開にした
ノンストップアクションの傑作です。

ハリウッドにその名を残す
香港出身の鬼才 ジョン・ウー。

ジョン・トラボルタの悪の魅力を開花させた「ブロークン・アロー」を
作り上げたのは香港出身の鬼才ジョン・ウー。
日本でも大ヒットとなった「男たちの挽歌」を引っ提げて
ハリウッドに乗り込み、たくさんの傑作を生み出しました。
キレがありテンポのよいジョン・ウー作品は、
今見ても色あせない傑作ばかりです。

私が選ぶ"ジョン・ウー"作品

「男たちの挽歌」(1986)

カンフー映画が主流だった香港映画界に‘香港ノワール‘という新しい流れを作った革命的な作品。
日本の映画から影響を受けているところが多く見られます。

「ミッション・インポッシブルⅡ」(2000)

前作のスパイ映画「ミッション・インポッシブル」からジョン・ウー色に染めなおしたトム・クルーズ主演のヒットシリーズ第2作。
ジョン・ウー映画お約束のシーンがここでも登場しています。

「マンハント」(2017)

高倉健主演の「君よ憤怒の河を渉れ」を現代に置き換え福山雅治が出演したことでも話題を呼んだ異色作。大阪の街が舞台なので見慣れた場所がいっぱいです。

未見の方は、是非DVDをレンタルしてください。

ジストシネマ和歌山 映画ペア鑑賞券2組の方にプレゼント!!

ハガキでご応募の方はハガキに
1.住所
2.お名前
3.年齢
4.電話番号
5.番組のご感想
をご記入の上、右記の宛先までご郵送ください

〒640-8533
テレビ和歌山 サンデープレミア
プレゼント 係宛

※応募締切 7月5日(金)必着

今日の番組 週間番組表

ピックアップ

TOPへ戻る