番組審議会議事録

第234回番組審議会議事録

1.開催日時 平成16年11月2日(火) 午後1時30分~午後3時00分
2.開催場所 和歌山市栄谷151テレビ和歌山本館1階会議室
3.委員の出席
委員総数 :8名(社外 8名)
出席委員数:8名(社外 8名)

   委 員 長 竹田   實
  副 委 員 長 林   伸良
  委   員 山下  雅生
    梅田 恵以子
    目黒  威徳
    竹田 眞理子
    安藤  元二
    小倉  正義

会社側出席者 代表取締役社長 森田  勝治
  取締役制作局長 川口  正浩
  取締役報道局長 古田   皓
  取締役技術局長 高尾  健司
  取締役営業局長 北野  幹夫
  取締役編成局長 平原  佳和
  総務局長 小栗  澄夫
  総務部長 高井  修二
  制作部長 藤井  康史
4.議題
 

(1)考査連絡会開催結果報告
(2)自社制作番組及び特別番組の経過と予定
(3)番組モニター報告について
(4)自社製作番組等の視聴と合評

   「わっ!が山ほど和歌山県~和歌山県大型観光キャンペーンスタート!~」
(5)テーマ別による意見交換

   「県民生活と県域テレビ」

5.意見概要の紹介
【1】 きのくにの民話については、その民話の生まれた背景も添えて紹介していただ きたい。
【2】 「道成寺釣鐘お里がえり」の模様は、歴史的なイベントで、今後もいろいろと利用 でき記念となる内容のものであるので、ニュースだけでなくひとつの番組として まとめていただきたい。
【3】 和歌山経済マガジンは、充実した内容で定着してきたが、これからの和歌山の経済 見通しなどもテーマとして織り込んでいただきたい。また、国際化が進展している 和歌山ということで、現在の上海・中国の映像なども県民に紹介していただきたい。
【4】 視聴番組「わっ!が山ほど和歌山県~和歌山県大型観光キャンペーンスタート」は、 オープニングの映像とナレーションの関係がわかりづらく、主語と述語が揃わない 文章も気になる点である。また、大型観光キャンペーンスタートのイベント紹介 ということで、テーマがはっきりせず、柱となるものがない。観光キャンペーンと リンクさせて和歌山に行きたくなるという気持ちを誘い出す企画も必要である。 観光キャンペーン関連の番組は、どれを見ても観光キャンペーン全体とのつながり がわかるようにしていくことも大事なことである。

 

【5】 テーマ別意見交換「県民生活と県域テレビについて」は、天気予報の時間ごとの降水 予想は、県域テレビとして役立つ情報である。また、テレビの特性をいかしながら 地域のオピニオンリーダーとして引っ張っていくような内容の放送もお願いしたい。 そして、メディアの責任については、調査・分析・行動・評価というスパイラルな 流れのもと長いスパンでやっていく必要がある。 等のご意見を頂きました。
TOPへ戻る