番組審議会議事録

第241回番組審議会議事録

1.開催日時 平成17年7月5日(火) 午後1時30分~午後3時05分
2.開催場所 和歌山市栄谷151テレビ和歌山本館1階会議室
3.委員の出席
委員総数 :7名(社外 7名)
出席委員数:7名(社外 7名)

   委 員 長 南出  和寛
  副 委 員 長 山下  雅生
  委   員 梅田 恵以子
     〃  目黒  威徳
     〃  竹田 眞理子
     〃  安藤  元二
     〃  福本  俊次

会社側出席者 代表取締役会長 神前 美津男
  常務取締役 中原   勝
  取締役制作局長 川口  正浩
  取締役報道局長 古田   皓
  取締役編成局長 平原  佳和
  総務局長 小栗  澄夫
  営業局長待遇 岩田  広夫
  総務部長待遇 高井  修二
4.議事次第
【1】 報告事項
(1)考査連絡会開催結果報告
(2)自社制作番組及び特別番組の経過と予定
(3)番組モニター報告について
【2】 議題
(1)視聴と合評
   「東南海・南海地震に襲われたら」
   開票速報・関連番組
(2)テーマ別による意見交換
   「テレビ和歌山、及びテレビメディアに望む事」
5.意見概要の紹介
【1】 和歌山の老人方の和歌山弁は奇麗な言葉があります。 和歌山弁の美しさという部分を意識して、出していくことも必要。
【2】 地域を紹介する番組全般については、地域を紹介する映像はどの番組も同じような 映像で、マンネリ化しているように思われるので、視線を換えて、 新鮮な捉え方をするなど、テレビの捉え方もそういう逆転の発想も必要。
【3】 視聴番組「東南海・南海地震に襲われたら」については、恐怖感を煽ることより、 防災意識の向上に力点をおいている印象。 この放映によって、見た人は何かしなければという気持ちが起こることで、 効果があったと思われるが、出来るだけ多くの人が見られるような工夫も必要。 番組編成についても順次計画的に行う必要がある。 また、子供でもお年寄りでも分かりやすい内容にして、被災者の生の声を聞くこと も必要。 等のご意見を頂きました。
TOPへ戻る