番組審議会議事録

第244回番組審議会議事録

1.開催日時 平成17年12月6日(火) 午後1時30分~午後3時00分
2.開催場所 和歌山市栄谷151テレビ和歌山本館1階会議室
3.委員の出席
委員総数 :7名(社外 7名)
出席委員数:4名(社外 4名)

   委 員 長 南出  和寛
  委   員 梅田 恵以子
    安藤  元二
    竹田 眞理子
  欠 席 委 員 山下  雅生
    目黒  威徳
    福本  俊次

会社側出席者 代表取締役会長 神前 美津男
  代表取締役社長 森田  勝治
  常務取締役 中原   勝
  取締役制作局長 川口  正浩
  取締役技術局長 高尾  健司
  取締役編成局長 平原  佳和
  常勤監査役 上山  義彦
  総務局長 小栗  澄夫
  営業局長 岩田  広夫
  総務部長 高井  修二
4.議事次第
【1】 報告事項
(1)考査連絡会開催結果報告
(2)自社制作番組及び特別番組の経過と予定
(3)2005年~2006年年末年始特別編成について
(4)番組モニター報告について
【2】 議題
(1)視聴と合評
   開運!なんでも鑑定団「出張なんでも鑑定団INみなべ」
   11月22日(火)20:54~22:00
(2)テーマ別による意見交換
   「テレビ和歌山、及びテレビメディアに望む事」
5.意見概要の紹介
【1】 冬休みの昼間の時間帯は、子どもに見せたい番組を編成する検討を。
【2】 番組モニターで評価の高かった「はばたく紀の国」“ゆかし潟の自然”のように、 視聴者をほっとさせるような自然を扱った番組は、これからの番組の方向性として 結構である。
【3】 視聴番組「開運!なんでも鑑定団」は、番組の流れがよく、 人間の見せ方なども結構で、勉強になる部分もあり、楽しい番組である。
【4】 テーマ別意見交換で、テレビ和歌山に望む事では、テレビ和歌山は、 和歌山のオピニオンリーダーとして問題点を発掘していく姿勢が必要、 音楽や文学など文化に関する放送の充実を、広告と情報をはっきり区別できる 番組作りの必要性。 等についてのご意見を頂きました。
TOPへ戻る