番組審議会議事録

第252回番組審議会議事録

1.開催日時 平成18年10月10日(火) 午後2時~午後3時30分
2.開催場所 和歌山市栄谷151テレビ和歌山本館1階会議室
3.委員の出席
委員総数 :7名(社外 7名)
出席委員数:5名(社外 5名)

   副 委 員 長 山下  雅生
  委   員  安藤  元二
     〃    竹田 眞理子
     〃   福本  俊次
     〃   目黒  威徳

会社側出席者 代表取締役会長 神前 美津男
  代表取締役社長 中原   勝
  取締役編成担当 川口  正浩
  取締役技術担当 高尾  健司
  取締役報道担当 北野  幹夫
  取締役営業担当 平原  佳和
  常勤監査役 上山  義彦
  編成局長  亀岡   洋
  総務局長 高井  修二
  総務局次長 藤木  和雄
  制作局次長待遇  藤井  康史
4.議事次第
【1】 報告事項
(1)考査連絡会開催結果報告
(2)自社制作番組及び特別番組の経過と予定
(3)番組モニター報告について
【2】 議題
(1)視聴と合評
   テレビ和歌山地上デジタル放送開局記念特番
   「今日からスタート テレわか 地デジ!」
   ~自社番組のハイビジョン映像
(2)テーマ別意見交換
   「テレビ和歌山、及び、テレビメディアに望む事」
5.意見概要の紹介
【1】 テレビが持つ社会への影響力の大きさを充分に認識し、たとえ 一社提供の番組であっても公平性を保った番組作りをしなけれ ばならない。
【2】 パブリシティ的な買切り番組には、新聞にある記事広告のように、 「広告」であるといういうことを明記することはできないのか。
【3】 中高一貫教育の学校を取り上げるときには、いたずらに進学の 優位性などを主張することなく、過疎化が進む僻地の学校など に充分に配慮しなければならない。

 

【4】 デジタル放送が開始されたが、ハイビジョンの映像に不満が残る。 カメラワーク、色の調整などにもっと習熟が必要だ。

 

【5】 デジタル放送に関して、その特性などをもっと広報して欲しい。 テレビの買い替えなどのために、視聴者はもっと情報を必要と している。 等についてのご意見を頂きました。

 

TOPへ戻る