番組審議会議事録

第253回番組審議会議事録

1.開催日時 平成18年11月7日(火) 午後2時~午後3時30分
2.開催場所 和歌山市栄谷151テレビ和歌山本館1階会議室
3.委員の出席
委員総数 :7名(社外 7名)
出席委員数:7名(社外 7名)

  委 員 長 南出  和寛
    副 委 員 長 山下  雅生
  委   員 梅田 恵以子
     〃    安藤  元二
     〃    竹田 眞理子
     〃   福本  俊次
     〃   目黒  威徳

会社側出席者 代表取締役会長 神前 美津男
  代表取締役社長 中原   勝
  取締役編成担当 川口  正浩
  取締役技術担当 高尾  健司
  取締役報道担当 北野  幹夫
  取締役営業担当 平原  佳和
  常勤監査役 上山  義彦
  編成局長  亀岡   洋
  総務局長 高井  修二
  制作局次長  高橋  秀範
4.議事次第
【1】 報告事項
(1)考査連絡会開催結果報告
(2)自社制作番組及び特別番組の経過と予定
(3)番組モニター報告について
【2】 議題
(1)視聴と合評
   「きのくに21」
   11月5日(日)午前9時30分~ 放送
(2)テーマ別意見交換
   「テレビ和歌山、及び、テレビメディアに望む事」
5.意見概要の紹介
【1】 点滅映像による子供への健康被害が問題になっているが、他に も手持ちカメラの揺れによって気分が悪くなる「船酔い現象」 なども起こっている。映像手法が健康に与える影響について、 もっと幅広くとらえて、対策を検討してほしい。
【2】 重要伝統的建造物群を重伝建群と省略していたが、一般的に使用 される省略名称であっても、スーパーでは両者を併記するなどし て、視聴者が理解しやすいように気をつけるべきだ。

 

【3】 歴史的建築について取り上げるときには充分に取材して、保存に よって生活にあたえるマイナス面も紹介するべきだ。

 

【4】 和歌山の歴史的景観を積極的に取り上げて、保存への動きを盛り 上げて欲しい。

 

【5】 景観、風物の保存に取り組む人の活動や、保存に必要な方策など を検討する番組も放送して欲しい 。 等についてのご意見を頂きました。

 

TOPへ戻る