番組審議会議事録

第278回番組審議会議事録

1.開催日時 平成21年5月13日(水) 午前10時30分~午後12時
2.開催場所 和歌山市栄谷151 テレビ和歌山新館3階会議室
3.委員の出席
委員総数 :7名(社外 7名)
出席委員数:5名(社外 5名)

出 席 委 員 委 員 長 南出  和寛
   〃    委   員 安藤  元二
   〃    委   員 竹田 眞理子
   〃    委   員 目黒  威徳
   〃    委   員 和歌  哲也
欠 席 委 員 副 委 員 長 山下  雅生
     委   員 笹本  昌克

会社側出席者 代表取締役社長 中原   勝
  常 務 取 締 役 川口  正浩
  取締役報道制作担当 北野  幹夫
  取締役営業担当 平原  佳和
  編成局長 藤本  孝生
  報道制作局長 大越  康臣
会社側欠席者  常勤監査役 上山  義彦
(事務局)  総務局長 藤木  和雄
  総務経理局チーフ 東野  圭一
4.議事次第
【1】 報告事項
(1)考査連絡会開催結果報告
(2)自社制作番組及び特別番組の経過と予定
(3)番組モニター報告について
【2】 議題
(1)視聴と合評
  「ルビコンの決断スペシャル」(テレビ東京)
  4月16日(木)午後10時~午後11時24分放送分
(2)意見交換「テレビ和歌山の番組を見て」
5.意見概要の紹介
【1】 テレビの影響力は非常に大きいものがあります。教育や視聴者への影響を第一に考え、今後も引き続き厳正な考査をお願いしたい。
【2】 出演者のキャラクターや流行の話題ばかりに頼った番組づくりではなく、マスメディア本来の精神と姿勢で、基本に忠実な制作主導の番組制作を行って欲しい。
【3】
県内唯一の民間テレビ局としての在り方を、いま一度見つめ直し、一人でも多くの県民に視聴してもらえるような、番組宣伝活動の強化と、県民に対する影響を考えた番組編成と報道を心掛けて欲しい。
TOPへ戻る