ニュース

県文化表彰記念展
  • 2017-02-17(金) 20:30
平成27年度に県の文化表彰を受賞した個人や団体の業績を称える記念展が今日から和歌山市の県民文化会館で開かれています。
平成27年度の県文化表彰は6人の個人と1団体が受賞していて、今日から始まった記念展には、このうち、展示可能な3人と1団体の作品が並べられています
。文化功労賞を受賞した大路和子さんは田辺市出身で、歴史小説家として数々の作品を発表してきました。また大佛師の松本明慶さんは平成26年の高野山壇上伽藍中門の、172年ぶりの再建に合わせて、四天王像の修復と新造を行っていて、会場では大小23点の仏像が展示されています。
一方、文化奨励賞を受賞した海南市出身の宮本卓さんは、フリーのゴルフカメラマンとしてマスターズや全米オープンなどメジャートーナメントで100試合以上取材経験があり、今回は世界でも名門とされるゴルフコースの風景や現在活躍中の松山英樹プロのプレー姿など29点の写真が展示されています。
また和歌山市の日前宮は昭和51年から40年以上にわたり毎年夏まつりが行われる7月26日に合わせて薪能を奉納していて、その様子をDVDで見ることができます。平成27年度の県文化表彰受賞記念展は今月26日まで県民文化会館大展示室で開かれています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る