ニュース

田辺市死体遺棄 長女夫婦を再逮捕
  • 2017-03-19(日) 19:27
今年1月10日、田辺市龍神村の県道脇の斜面で、刃物で刺され殺害された男性の遺体が見つかった事件で、県警の捜査本部は今日、殺害された男性の長女夫婦を、殺人の疑いで再逮捕しました。
殺人の疑いで再逮捕されたのは、上富田町朝来の介護施設パート職員、柴田大幸容疑者31歳と、柴田容疑者の妻で、遺体で見つかった男性の長女の、無職、柴田幸江容疑者23歳です。この事件は、今年1月10日、田辺市龍神村柳瀬の県道脇の斜面でブルーシートに包まれ、背中を刺され殺害された田辺市龍神村安井の大工、場谷忠善さん50歳の遺体が見つかったものです。場谷さんは、背中を刃物で刺され殺害されていたことから県警では田辺警察署に捜査本部を設置、同居していた長女夫婦宅の家宅捜索で押収した軽乗用車から、場谷さんの血痕が見つかったため、長女夫婦の事情聴取を行い、先月27日、長女夫婦を死体遺棄の疑いで逮捕しました。
捜査本部の取り調べに対し、大幸容疑者は、「親子間のトラブルで去年12月6日午前1時ごろから2時ごろまでの間に、自宅で就寝中の場谷さんを包丁で刺して殺害した」などと容疑を認める供述をしていることなどから、県警では今日、長女夫婦を殺人の疑いで再逮捕しました。一方、幸江容疑者は、殺害当時、場谷さんの足を押さえていたことは認めているものの殺人の容疑については「いいたくない」と話しているということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る