ニュース

教員採用試験で「特別選考」を新設
  • 2017-04-20(木) 18:41
今年の県公立学校教員採用試験の募集概要が今日、発表され、県外の公立学校で勤務する教諭を対象とした「特別選考」が新たに設けられる事になりました。
県教育委員会が今日、発表した募集概要によりますと、今年の試験では、小学校で160人程度、中学校で66人程度、高校で16人程度、特別支援学校で40人程度、養護教員については24人程度を募集します。特別支援学校が去年より10人多くなっていますが、他は、すべて去年より少なく、全体では82人少ない募集となりました。
特に、今回は、新たに県外の公立学校に勤務する現職の教諭を対象とした「特別選考」が実施されます。県外の公立学校で通算3年以上の勤務実績がある人は一次検査の一般教養と二次検査の教職専門の試験が免除されます。
特別選考の新設について県教育委員会学校人事課では「和歌山県の教育現場で働くことを希望する『即戦力』の人材を積極的に確保したい」と話していました。県公立学校教員採用試験の願書の受付は今月24日から来月11日まで行われ7月に一次検査、8月に二次検査が行われる予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る