ニュース

保育園児が津波避難訓練
  • 2017-05-15(月) 15:00
近い将来発生が予想される巨大地震に備え、今日、海南市の保育園で、津波を想定した避難訓練が行われました。
海南市井田のくるみ保育園は、定期的に地震や火事に備えた防災訓練を行っています。
今日の訓練には0歳児から6歳まで130人の全園児が参加し、地震発生を知らせる園内放送が流れると、園児たちは机の下に身を隠し安全が確認されるとヘルメットを被り避難場所に指定されている自動車教習所ドライビング・スクールかいなんを目指しました。
およそ1キロの道のりでしたが、上野喜代子園長は園児たちは元気に素早く、冷静に避難できたと話していました。
このあと年長組の30人は教習所に残り、応援に駆けつけた県のPRキャラクターきいちゃんと一緒に交通安全教室に参加しました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る