ニュース

エグザイルカップ フットサル大会
  • 2017-07-17(月) 18:11
小学生のフットサル大会「エグザイルカップ2017」の関西大会が今日、和歌山市で開催され、県内からも26チームが出場しました。
会場の紀三井寺公園陸上競技場では、競技に先立ち開会式が行われ、大会を主催するLDHJAPAN社会貢献部の一木広治部長が「皆さんの夢を応援しようと始めた大会です。仲間と力を合わせ悔いのないようがんばって下さい」と挨拶しました。
続いて、去年の関西大会で優勝し全国大会でも優勝した大阪のEDCから優勝カップが返還されました。
「EXILECUP2017」は、子どもたちの夢を応援しようとダンス&ボーカルグループの「エグザイル」が所属する芸能事務所LDHが平成22年から始めた小学生のフットサルの大会で今回で8回目となります。
全国9地区で行われる予選の一つとして今回、初めて和歌山市で開催され、県内の26チームのほか、近畿各府県から合わせて52チームが出場しました。
予選リーグに続き行われた決勝トーナメントを勝ち上がった大阪セントラルFCが優勝し、今年9月に愛媛県で行われる全国大会出場を決めました。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る