ニュース

ボーイスカウト 県キャンポリー
  • 2017-08-12(土) 18:32
野外活動を通じて交流を深めようと、県内のボーイスカウト団が集まってキャンプを行う「和歌山県キャンポリー」が、11日から和歌山市で開かれています。
和歌山市の緑地公園「河西緩衝緑地河西公園」で開かれている「和歌山県キャンポリー」には、日本ボーイスカウト和歌山連盟に加盟している県内のボーイスカウト団などから、およそ250人が参加しています。
11日は開会式が行われ、和歌山連盟の山本一郎連盟長が、「素晴らしい和歌山県キャンポリーをめざして、頑張ってください」と呼びかけました。
このイベントは、日頃のアウトドア活動の成果を披露するとともに、野外活動を通じて交流を深めようと、4年に1度開かれているもので、今回で15回目です。
キャンポリーは2泊3日で展開され、スカウトたちは、テントを設営したり、かまどを組み立てたりして、自然の中で過ごすほか、スポーツクライミングの「ボルダリング」や綱渡りスポーツ「スラックライン」の体験など、様々な野外プログラムを通じて、交流を深めます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る