ニュース

包丁で切りつけた男 殺人未遂
  • 2017-08-13(日) 16:52
昨日、和歌山市で前日知り合った男性と口論となり、男性の首を包丁で数回にわたり切りつけるなどした45歳の男が、今日午後、和歌山西警察署に殺人未遂の疑いで逮捕されました。
殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、愛媛県宇和島市の船員、吉見正容疑者45歳です。
和歌山西警察署の調べによりますと、吉見容疑者は昨日午前10時半頃、前の日、和歌山市のバーで知り合った和歌山市三葛の男性宅で口論となり、男性宅にあった包丁で男性の首などを数回切りつけ逃走しました。
男性は打撲と切創など1か月の治療が必要なけがを負いました。
その後、被害者男性からの届出を受け、和歌山西警察署の捜査員が和歌山市内に潜伏していた吉見容疑者を今日、殺人未遂の疑いで逮捕しました。
警察の調べに対し、吉見容疑者は口論となり殴ったことは認めているものの、包丁で切りつけたことは否認しているということです。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る