ニュース

災害ボランティアが福岡に出発
  • 2017-09-07(木) 20:01
発生から2ヵ月が経過した九州北部豪雨の被災地を支援しようと、現地での活動に参加する災害ボランティアらが、今日夕方、福岡県に向けて出発しました。
今日夕方、和歌山市の和歌山ビッグ愛では出発式が行われ、自身も活動に参加する県の田中一寿県民局長が「限られた時間ですが、有益な活動になるよう、願っています」と呼びかけました。今回は、防災士をはじめ、市や町の社会福祉協議会の職員ら、熟練の災害ボランティア、16人が参加し、福岡県朝倉市に向けて出発しました。参加者は、朝倉市の災害ボランティアセンターの指示のもと、あす1日、土砂の片付けや家具の持ち出しなど、現地のニーズに応じたボランティア活動を行い、あさって和歌山に戻る予定です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る