ニュース

県内最高齢藪根さんに長寿祝いの品
  • 2017-09-08(金) 19:57
9月15日の「老人の日」を前に、県内の最高齢者で海南市に住む藪根すみゑさん110歳に、県から長寿を祝う記念品が贈られました。
海南市下津町の養護老人ホームに8日、県海草振興局の高瀬光準局長が訪れ、県内最高齢者で満110歳の藪根すみゑさんに仁坂知事からの祝状と祝いの品の屏風時計を贈りました。
手をあわせた後、祝い状を受け取った藪根さんは、「身に余るお祝いを頂いて有難い」と感激した表情を見せていました。藪根さんの家族もかけつけ、一緒に藪根さんの長寿を祝いました。藪根さんには子どもが6人、孫が13人、ひ孫が18人いて、このうち、海南市に住む長女の佳子さん87歳は「6人の子どものために一生懸命働いてくれた母です。これからも元気でいて欲しい」と話していました。
県長寿社会課によりますと、県内で100歳以上の高齢者は今月1日現在695人で、去年の同じ時期に比べて49人増加しているという事です。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る