ニュース

紀南地域を中心に大雨
  • 2017-09-12(火) 18:05
12日は活発な前線の影響で近畿地方各地では大雨となり、県内でも紀中と田辺西牟婁地域に一時大雨・洪水警報が出されたほか、一部の地域で土砂災害警戒情報が出されました。
和歌山地方気象台によりますと、紀中と田辺西牟婁地域では、午前7時55分に大雨・洪水警報が発表され、田辺市龍神村では1時間に55ミリ、有田川町清水では1時間に54ミリなど、各地で非常に激しい雨が観測されました。この雨の影響で、午前8時45分には日高町に、午前9時10分には田辺市龍神村に、それぞれ土砂災害警戒情報が発表され、田辺市龍神村龍神では92世帯177人に一時、避難勧告が出されました。県内のJR各線にも一部の列車に遅れが出たほか、県立・公立の幼稚園、小中学校、高校、特別支援学校では8校が臨時休校、14校が自宅待機の措置をとりましたが、県内に出されていた土砂災害警戒情報は午前11時20分、また、大雨と洪水の警報は午前11時38分にそれぞれ解除されました。
これまでの大雨の影響で地盤の緩んでいるところや河川の増水しているところもあり、和歌山地方気象台では引き続き注意を呼びかけています

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る