ニュース

猫の駅長モデルのカレンダー完成
  • 2017-09-14(木) 18:03
和歌山市と紀の川市を結ぶ和歌山電鐵、貴志川線の猫の駅長たちをモデルにした来年のカレンダーが完成し、発売初日となった今日、和歌山市で「よんたま駅長見習い」の写真撮影会が開かれました。
カレンダーの発売にあわせて今日、和歌山市の貴志川線の伊太祈曽駅で写真撮影会が開かれ、公休日のニタマ駅長に代わり、カレンダー初登場の「よんたま駅長見習い」が発売されたばかりのカレンダーとのツーショット撮影に臨みました。
和歌山電鐵の猫社員カレンダーは毎年、人気で、全国から問い合わせも多いことから、去年から2ヵ月早く販売を始め、今年も3000部を発行します。カレンダーには「名誉永久駅長たま」をはじめ、ニタマ駅長、「たま電車わかやま応援館」の館長代理「SUNたまたま」、そして「よんたま駅長代理」ら、猫社員たちのかわいい仕草を捉えた写真13枚に、猫たちのつぶやきが添えられていて、心を和ませてくれます。
カレンダーは、1部1600円で、貴志駅と伊太祈曽駅のほか、インターネットでも販売されます。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る