ニュース

ティータイム クラシックカフェ
  • 2017-10-12(木) 18:52
市民に音楽を気軽に楽しんでもらおうと、オープンカフェ形式のクラシック演奏会が12日、和歌山市で行われました。
和歌山市民会館のロビーにはおよそ130人が集まり、和歌山市民オペラ協会の多田佳世子会長をナビゲーターに、ピアノの宮井愛子さん、ソプラノの久保美雪さんがクラシック音楽の生演奏を披露しました。
この「ティー・タイムClassicCafe」は和歌山市民会館を運営する公益財団法人和歌山市文化スポーツ振興財団が主催したもので、今回で11回目です。演奏会はオープンカフェ形式で行われ、集まった市民らはドリンクやスイーツと一緒に演奏を楽しんでいる様子でした。財団の幸松繁次郎さんは「今後も市民に愛され、定着できる事業として長く続けていきたい」と話していました。
和歌山市民会館では今月26日、地元の邦楽や多民族楽器の演奏家たちによる演奏会「邦楽オリエンタルCafe」も予定しています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る