ニュース

新宮市長選挙 告示
  • 2017-10-15(日) 18:29
任期満了に伴う新宮市長選挙が15日告示されました。現職と新人2人が立候補し、7日間の選挙戦に入ります。
新宮市長選挙に立候補したのは届け出順に無所属の新人で前新宮市議会議員、並河哲次候補32歳と、無所属の現職で3期目の当選を目指す、田岡実千年候補56歳の2人です。
並河哲次候補は、新宮市神倉の選挙事務所で第一声をあげました。並河候補は大阪府箕面市出身、京都大学卒業、平成23年の市議会議員選挙で初当選を果たし、市議会議員を2期務めました。
田岡実千年候補は、選挙事務所近くの新宮駅前で出発式を行いました。田岡候補は新宮市出身、大阪芸術大学を卒業、平成21年の新宮市長選挙で初当選し、現在2期目です。
新宮市長選挙の投開票は衆議院総選挙と同じく10月22日に行われます。投票は一部地域を除いて、午前7時から午後7時まで市内33ヶ所で行われ、午後8時20分から、新宮市立総合体育館で即日開票されます。なお、新宮市の10月14日現在の有権者数は、2万5167人となっています。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る