ニュース

衆院選 選挙サンデー
  • 2017-10-15(日) 18:31
10月22日の衆議院総選挙の投票日が近づく中、選挙期間中唯一の日曜日となった15日、県内の各立候補者は選挙区内で街宣活動を行うなど、それぞれ支持を訴えました。
選挙期間中唯一の日曜日、県内の各立候補者はそれぞれの選挙区内で、街宣カーを走らせたり、街頭演説や支持者回りを行ったりするなど、活発な選挙活動を展開しました。
このうち和歌山2区の立候補者の一人は、雨の中、橋本市内の駅前で街頭演説を行い、道行く有権者に支持を訴えかけました。
衆院選の投票は、10月22日、県内842ヵ所で、一部の投票所を除いて、午前7時から午後8時まで行われ、即日開票されます。10月9日現在の県内の有権者数は、83万907人です。なお前回、平成26年12月の衆院選の県全体の投票率は、51.05%でした。

最新ニュース一覧

ニュース検索

TOPへ戻る